全てのものごとに、

もっとゆっくり向き合いたいのに。。