NEWS

「Ai Ichikawa at HOME 鎌倉DAPHNE」

日程:2018年2月24日(土) Open 18:00 Start 19:30
会場:鎌倉 DAPHNE

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)Swing-O(Pf) トオイダイスケ(Bass)

リスタート

今朝、インターネット上のとある記事を読み

「ぶっちゃける」という事は、「時に誰かのことを傷つけるかもしれない」と思っていたが

こと、芸術家が「ぶっちゃける」ことは大罪ではないような気がしたそんな朝。

 

菊地成孔プロデューサーインフルエンザ事件によって、かなり延期された

市川愛レコーディング。こればっかりはだれを責めても仕方ないので、菊地成孔さんを責める(笑)

定めの流れというのは、不思議なもので、途中で遮断された私のレコーディング熱。(響きがデング熱)

間違った方向に沸騰していた可能性があるとすら思っている。

 

これは、誰に何を言われたわけでもない

いろんな人にいろんなことを言われて、

いろんな人にいろんなことを話そうとしたあげく

結局自分の中からしか生まれなかった事実に直面した。

 

私は、自分の過去の集積である今を否定された気持ちに、勝手になっていたものの

「自分の今」に勝手に「うっとり」していたのは、自分自身だった。(まるでどこぞやのCMのナレーション)

 

これは失礼を承知で勝手に載せてしまうが

「あなたは才能と魅力があります。覚醒しはじめた自信を、偉そうにならぬよう、上手く乗りこなして下さい。」

高熱でよくわかんなくなっていた可能性があるプロデューサーにもらった言葉(その他、彼の私に対する言葉は何千字もあるのですが)を何度か噛み締めながら、この状況で、この状況を「乗りこなす」という部分がなんだか心にしっくりきた。

 

今日から、リスタートする私のレコーディング。

昨日までの不安感がないのは、昨日誰かに会って話したとか。

誰かがくれた言葉が、、とかそんな因果関係ではない。

私自身に集積された経験と、感覚と、直感が本当の意味での自信につながった気がする。

 

確実にいいアルバムにしたいと思う。

 

では、行ってきます!

 

追伸:

写真がなかったので、

6年前のこの日。の写真。


初めてJZ bratで歌った日。今はお休み中のOia(ギリシャにある夕日が世界一綺麗だといわれる町の名前)というユニットでのオリジナル曲だった。

ちなみにこのユニットで作って、この日JZ Bratで歌った曲

「涙の粒」作曲:大島宏之 作詞:市川愛

も生まれ変わりアルバムに収録される。

 

市川愛

眠れないのである。

もうなんだか、もうすぐ深夜3時だというのに、全然ねれない.

 

でも、私は基本的にとてつもない強運を持っていて

そーゆー時に限って、浜田真理子さん、と時間を過ごす機会とかがもてるから

何かが落ち着く。

 

それにしてもねれない。眠れないのであーる

 

愛して愛して愛し尽くす。

というのが私のやり方だと思っていたし、今もそう思いたいと思っている。

愛したものを信じ続けることが大事だとおもっている。

 

誰だって自分の過去と、今、と未来は繋がっていると思いたい。

そうではないか。そんな曲が書けそうである。

 

散歩をすると心が落ち着く。

 

ここ最近、初めて「マネージャーさん」のいるプロジェクトとなった。

その「マネージャーさん」は、そんな呼び方をしたくないほど美しい人である。

クラブで一緒にいると、私ではなく彼女がナンパされる。

いつだって私の立場にたって「大丈夫」といってくれるのは、心から嬉しいし幸せだ。

 

だから、

 

こころやすらぐ。

 

 

愛する人たちとのライブにきてください。

Ai Ichikawa at HOME 鎌倉DAPHNE日程:2018年2月24日(土) Open 18:00 Start 19:30
会場:鎌倉 DAPHNE 市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)Swing-O(Pf) トオイダイスケ(Bass)

普通の日記

難しい。難しいことばかりに直面している!!

SNSやブログに、できるだけ愚痴とか、ネガティブなことを書きたくない。

「元気のない文章」とか。

「どっかに穴でも掘って叫べ!」と先日言われたが

私はなんでもかんでも共有したい。

誰がどう思っているんだ、とか、私がどう思っているんだ

とかどうしてそこでconflictしないといけないのかわからなくて

伝え合えばわかってくれるんじゃないかと、若干本気で思っている。

が、しかし、自分と他人には違う血液と、違う時間軸が流れているわけだから

絶対にわからない。

だから9年ほど前に、山手線に乗っていて

「やばい、ここにいる全員に自身のリアルがあるとしたら、大変なことになる、、、!」

と思って、とてつもなく呼吸が荒く、気持ち悪くなったので、すぐに次の駅でおりた。

今気づくと、これはある種の病気だったんじゃないか?!と思う。

ああ、そうか!病気だったのか!

しかし、病名なんて何にだってつけれる。

例えば私は「巨乳ではない」ことは「胸部発育不全」

たとえな私は、「足が男なみにでかい」ことは「末端足部肥大症」

とか、なんだっていえるじゃん!!!

一人一人絶対病名になりうる心や体の症状なんてあるはずだ。

いや、今の問題はそこではない。

そうじゃないんだ、今の私の問題はそれではない。

と、こうしてブログに書いて、みなさんに心配を煽る翁神少年のようなことをしているわけですが、

いや、別に嘘じゃないです(笑)ただのつまらないブログだと思ってください。

でも、文章におこすと、記憶にも焼きつきので、今の瞬間が。要するに記憶のレコーディング。(笑)

さ、引き続き制作は続いていますが、昨日は撮影でした!最高のチームで、菊地さんも監督していただき

これからのジャケット制作めっちゃ楽しみです。最強チームのみなさまに拍手!!!

ありがとう!!

 

撮影:谷内俊文
スタイリスト:河部菜津子
ヘアメイク: 中野明海
デザイナー:竹本純生
アーティストマネージメント:246
プロデューサー:菊地成孔

ーーー2月24日 土曜日 @鎌倉ダフネーーー

「Ai Ichikawa at HOME 鎌倉DAPHNE」

日程:2018年2月24日(土) Open 18:00 Start 19:30
会場:鎌倉 DAPHNE

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)Swing-O(Pf) トオイダイスケ(Bass)

まだまだ

まだレコーディングが終わりません。

色々難しいですね、産みの苦しみというのでしょうか。

この度お世話になるレコード会社は、SONY MUSICさんです。

菊地成孔さんがプロデューサー、レーベルオーナーであるSONYのTaboo Labelからリリースされます。

新しい経験ばかりなので、できるだけ事細かに書いておきたいと思うわけですが、

なかなか、全てがまだ未確定要素が多すぎてですね笑、私が知っていることで、応援しているみなさんが知らないことっていうのはないと思っていただいて大丈夫なんです。笑

 

要するにもうまもなくリリースであるということは決まっておりますが、

レコーディング、および中身作りは完成しておりません。

曲はできています。

でも、それを「これ以上無いってほど最高」の形にして出す準備はまだ「完了されていない」ということです。

曲を書いて、(今までのアルバムはカバーなので選曲して、)

曲のアレンジをして、

レコーディングの構想を練って

ミュージシャンを探し、依頼して

健康体でレコーディング当日を迎え

ミックス、とマスタリング、という私には全然手も足も出ない行程を経て

(※現時点での私は、ミックスは1曲の中の音どうしの音量・ 音質の調整で、その後にマスタリングは複数の曲どうしの音量・音質の調整という認識)

そして、アルバムジャケットのデザインができて、

さあ完成。

 

 

完成したけど、広まってくれないと

自己満足で終わってしまいますので、

なんとか、いろんな人の手に届く努力を

自分や、関係者のみなさんでしていきます。

というのが、アルバムリリースの流れだと、

あくまでわたしの認識です。

 

 

今まで3枚のジャズカバーアルバムは、

その全行程の前半の大半を平岡さんと私の2人でやりました。

そのあとの行程は、最近会ってないけど元気かな?っていう元エアプレーンレーベル、現アポロサウンズのBEA(阿部さん)でした。今は、仕事を一緒にやる機会が減りましたが、彼にも足を向けて寝れないほど感謝しています。2012年の1st Album The standards I’ve metが、Alicia keys ,Nora Jonesなどと並んで「いまどきのいい女」というタワレコキャンペーンに特集されたり、

2nd albumでも、様々なCDショップで、展開してもらいました。

3rd albumも、わざわざタワレコの冊子を作っていただき

その表紙にしてもらって大々的に宣伝してもらいました。

ほんとに感謝ですよ。あ、もちろんタワレコだけじゃないです。

HMV, TSUTAYA,新星堂、ほんといろんなところで展開していただき

夢のようでした。

 

って振り返ってみたりしちゃったりとかして。

 

気づくとこのアルバムの後、

itellu、monolog+Ai Ichikawa、Da Luaなどの作品作りはしましたが、

市川愛という自分名義でのアルバムは、2014年の夏以来、4年ぶりになります。

本当に周りを囲むみなさまと、私の強運のおかげで、自分は成長したなと思っています。

思っているのですが、やはり初めてのことに向かう時にはドギマギするものです。

 

それによって人に迷惑をかけているし、

でも初めての経験なので甘く見てもらいたい気もしたりしながら

日々送っております。

 

私はこの度

いわゆる「メジャーデビュー」するんですが、

初のオリジナルアルバムなので、とにかくデビューです。

デビューアルバムです。

 

「メジャーデビュー」という言葉はむず痒いですね。

なんでむずがゆいのか、しばらく考えてたんですが、

この言葉にかかわらず、要するに自分が「よくわかっていない言葉」を使う時っていうのは

こういう感覚になるもんです。

 

これがメジャーで、これがメジャーでない?私には説明できませんのですが、

今までのやり方と、今進んでいるやり方に違いがあることはすごく理解しています。

簡単にいうと、「ガンダム」になった感じです。

自分は中心にいるんだけど、プロフェッショナルな先輩たちが私のみじかーい手足の代わりに

強力な武器とスキルを持って、上記で書いた全ての行程において、プロフェッショナルたちが、

一緒に立ち向かってくれます。

私の日々の反省点としては、そこに「不安感を覚えてしまうめっちゃちっちゃい自分ですね」

いやいや、一緒にやってくださっているチームの皆さんは、本当に素晴らしいみなさんなんです。

時には怒ってくれるし。なだめてくれるし。励ましてくれるし。

でも自分の短い手足でやりきっていたことに慣れすぎて

「プロの仕事」に失礼な態度を取ってしまうことがあります。

 

 

自分の見えない場所で、自分と同じように一生懸命な時間が流れている他人。

それが想像できないのは一人っ子の私の本当に悪いくせだと。思っております。

 

暗っ

 

 

この文章暗っ(笑)

 

 

みなさん、

皆さんが日々頑張って生きているように

私も頑張ってます。

 

 

 

一緒に、、がんばろうぜ。笑

意味不明なブログでした。

 

引き続き、こころ落ち着いて、頑張ります。

 

写真は、レコーディングday1 &Day2。

 

    

 

 

ーーー2月24日(土)@鎌倉ダフネーーー

「Ai Ichikawa at HOME 鎌倉DAPHNE」

日程:2018年2月24日(土) Open 18:00 Start 19:30
会場:鎌倉 DAPHNE

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)Swing-O(Pf) トオイダイスケ(Bass)

明日から、レコーディングが始まります。

色々と、事細かに書きたいことが、山ほどある。

とにかく、私は、本当に幸せものである。

 

 

明日。

浜田真理子さん、平岡雄一郎さん、菊地成孔さん

という順番で、出会い、やっとその線が一本になる。

 

明日。

浜田真理子さんにいただいた「あこがれ」を録音する。

作曲者は、浜田真理子さん、ギタリストは平岡雄一郎さん、プロデューサーは菊地成孔さんである。

 

今日。

雪の中、Swing-Oさん、コモブチさん、石川智さん、初めましての大西さんと

良いレコーディングリハができた。

 

今日。

51歳の誕生日を迎えた平岡さんとトライベッカで、また大事な時間が過ごせた。

 

 

昨日、3時間ほど、

最愛の人に見守られながら、

私は7年以上、共にした自分の体の一部と「さよなら」をした。

 

まるで自分の「素顔」を見つけた心地です。

 

ーーーーーーーーーーーー

前回の投稿「山下達郎ライブ@ブルースアレイ行きました」

<山下達郎ライブ@ブルースアレイ 行きました>

メモをしておきたかったけど、
メモをする微量の意識すらあまりにもったいなく感じ
目の前、耳の中、心の内側で巻き起こるそのステージに集中しようとした
だから曲目を全部は全部は覚えていない。

そもそも18時オープン、19時開始で、終わってすぐ私がいまいるネットカフェについたけれど、今23時07分。
アンコール含めてゆうに3時間半のライブだった。

最初に流れたのは、Sugar Babeの「今日はなんだか」のライブ映像。
もうどこにもこんなに昔の映像は残っておらず、ご本人が個人的にもっていたVHSのデータを投影したそうです。MCでもいってましたが、かなり下をむいて歌っていて、「世界にうらみがある」みたいに見えたでしょう?いや、昔ジョンBセバスチャンが、アーやって歌ってて、それのまねだったんだけど、今見るとほんと「世界にうらみのある音楽家」ってかんじですよね、ハハハって。

あーもうたまらない。
ご本人とベースの伊藤さん、ピアノの難波さんがステージに現れたとき
私はいくつかの決心をした(が、それは別にここではかかない)
要するにいいたいことは、その登場だけでも、人に何かを訴えかけるほどの力があったんです。
彼のオーラ。とかそういう、問題ではなく、その空間にいた人が彼を待ち望んで、そして出てきた!って、いうどうしようもない興奮のエネルギー、そしてもちろん彼自身のエネルギー、いろんなものの総合で、私は出てきただけで涙がでてきた。

こんなに序盤から、飛ばして大丈夫か?と思うほど今私は一人で目黒駅のネットカフェで書いているわけですが、早く家に帰りたいが、帰ったらかけなくなるし、書き残したい瞬間はいくつもあるが、こんなに衝動に駆られることはない。文筆家ではなく、本もよめねー、だから漢字もかけない、字も汚い。だけど自分の感受性だけは信じている。だからこんなに感じてしまったものを無碍にはできない。

一曲目は、「ターナーのきかんしゃ」
いやいや、この曲やばいっしょ、最初から涙腺がやばいでしょ。
って思っていたら2曲目がなんと「甘く危険な香り」
いやーもう2曲でも十分満足です。

このまま曲目と、そのときに感じてきたことを全部語ると、ネットカフェで一夜を過ごさないといけないので、割愛して書きます。

「自分はライブハウス出身なので、65歳くらいになったら、
これくらいの規模のライブハウスを、今日のメンバー(40年のつきあい)と一緒に回っていくんだろうなと思っていたけど、ありがたいことに、今もホールコンサートやドームをやらせてもらっている」
「ドームは4万5千人もはいるんだよ。もうさ、そうなるとカオスで、目の前に誰がいるとか、人は人に見えないしさ、よくわかんないんだよ
「100人の前で演奏できたら4万5千人の前でもできるよ、でもその逆はムリ。
4万5千人の前で演奏できても、1人、100人、の客を感動させることができるとは限らない」

もうノックアウトですよ。私は。
来週レコーディングをひかえて、今回はそのアルバムを作るという製作過程の中で、
新しいことばかりで、不安で、毎日脳みそが空中分解するような日々をおくっています。

山下達郎さんの↑の言葉で、自然に思い出したのは
ボストンでジェイムステイラーがいっていた言葉でした
「有名になるのは目にもとまらぬ速さなんだけど、一度知られるとみんななかなか僕のこと忘れてくれないんだよ。だからちょっと大変、ハハハ」って。

全部、本当なんでしょう。
だけれど、やっぱりその景色を見てからじゃないとわからない景色があるはずだ。

もういい。全部書ききれない。私は帰る。おうちに帰る。
だけど、こんなに感動しちゃって、どうしたらいいのさ。
知っているものしか話せない、感じたことしか語れない、やりたいことしかやれない。

65歳の山下達郎さんが、アカペラで、すごいうんだよ歌唱力もギターも。
そんなスキル的なことはまじでどうでもいい、だけどミュージシャンシップが、
存在のあり方が、すごいんだよ。

そしてこんなに感動させてくれたんだ。

いくつかの決心をしたひとつは、
もうライブはしない。(※2月のダフネとロイヤルホースはもちろんやるけど)
3月4月5月と、今までお世話になっていたライブハウスや
お店からの出演依頼を断り続けていたら、なんだかすごーく不安になってきちゃって、
ライブしていないと自分が忘れられちゃう気がして、不安な気持ちばかりが募っていたんだけど、
いやいや、やっぱり、ひとつも妥協しないでライブがしたい。何一つ。
別にいままで妥協していたわけじゃない。
でも、もう公開していいのかよくわかんないけど、アルバムが出た後5月13日の新木場のスタジオコーストでのレコ発だけだ。アルバムの全体像がつかめない、今もまだつかめない。だけど1曲1曲への想いは痛いほどにつかんでる。

2万5千人の応募があったというこの山下達郎ライブ@目黒ブルースアレイ
キャパは、170人が2日分。このライブのチケットを入手してくださったのは音楽業界の大先輩ですが、もう彼には、私の次のアルバム、もっといえばこれからの音楽人生を支援してもらったという気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

日当たりの良いリビングで

2019年になって初めてブログを書きます。

今日は1月11日。陽当たりの良いリビングで陽が暮れて行くのを1日音楽を聴きながら

一人でソファに座りながら窓を眺めていました。

 

振り返るとすでに信じられない出来事の連続が、2019年も始まっていました。

浜田真理子さんが、インタビューのために島根から急遽、来京。

小泉今日子さんとの準備タイムに、ちょっとお邪魔しました。

キョンキョンに「あ、あいちゃん!」と呼ばれた🎵

 

浜田真理子さんにおねだりして持って来ていただいた2004年の情熱大陸のDVD。

14年前の出来事だったのか、と改めて時の流れと自分の年齢が進んだことを感じました。

私はホイットニーヒューストンよりも、マライヤキャリーよりも、歌がうまくて、いい声のはずだと信じていたあの頃は、バックバンドなんて全然どうでもいいくらい音楽は歌声だけで構成されているのだと勘違いしていた。もっといえば、Aメロ、Bメロなんてどうでもよくて、どんだけサビで高いでかい声がでるかが重要なんだと、カラオケではいつも小柳ユキの「愛情」を歌っていた。Aメロは、まるで無意味に過ぎ去る時間のように扱っていた。はてなんと愚か。

 

大手レコード会社の歌手オーディションを受け、トントン拍子に最終審査になったので、

「やっぱり私は歌がうまくて、見た目もある程度かわいい」と信じて向かった某スタジオ。

冷たい目線で私の歌を品定めするおじさん4人。(→これ今考えたら当たり前。笑)

でも、ガキだった私は、「なんてこった」と思った。

「この人たちと一緒に音楽をやって私は幸せなんだろうか?」

私の幼い頃からの夢だった「プロの歌手になる」というものは、見るも無残に音をたてて崩れていきました。

 

「夢が夢じゃなくなった帰り道」「夢が夢じゃなくなった夜」今でも鮮明に覚えています。

私の部屋には、小さなテレビがあって(今考えると異常に奥行きがでかい)、寝る前までテレビを見ることができました。別にいつもは見ない「情熱大陸」テレビをつけると、そーゆー名前の番組がやってました。

 

島根県で生活をしながら、シンガーソングライターとして活動し、

数少ないライブに全国からファンの集まる浜田真理子。

 

彼女が、その番組で話す言葉一つ一つ、歌の一つ一つがその時の私にグサグサと刺さり

気づいたら深夜の0時にもかかわらず彼女の事務所に電話をしていました。

あとでまりこさんに聞くと、あの夜はメールが何百通もきて大変だったらしい。。と。

すぐに翌月行われる松江の県民ホールでの浜田真理子コンサートのチケットを買い、両親とともに島根県に2泊3日の旅行に行きました。浜田真理子の歌は、私の感動を裏切らず、一生モノの感動を心に残してくれた。

 

それから、京都、福島、名古屋、大阪、渋谷至るところで低い頻度で行われる浜田真理子のライブに足を運び、付き合う彼氏、彼氏が変わっても、大好きな親友、(時に疎遠になっても)家族、全員を連れて行きました。

そして、いわゆる「生き方の多様性」が初めて腑に落ちたその時、日本の大学を卒業して、就職して社会の一部を担ってみる経験をしてみよう。と思えました。そうして入った会社がリクルートという経験の宝庫だったことは、今振り返っても正しい選択でした。「仕事も楽しい」「会社も好きだ」でも、「音楽を今追求してみたい」と思ったからボストンに留学したわけですが、、、、。

14年という月日がたって、19歳だった私が33歳になり、自分のうちのリビングルームにあるテレビで、浜田真理子さんと一緒に、この情熱大陸を再び見るなんて想像もしたことなかった。要するに人生はいつ何時、何がおきるかわからないんだとおもう。

改めて、こんなに長い文章書く必要もなかったんだけど、

でもやっぱりちょっと感無量すぎました。

 

そして、まりこさんを囲んで新年会!超楽しかった。

楽しすぎて、最近仲良くしていただいているみずほさんファミリー、平岡さん入りの写真を撮り忘れました。

 

そして、七草粥も食べた!

 

七草がゆでやっと、正月終わった感がありました。

濃い新年だったなあ。

 

やっと始まります2018年。

関東近郊では、レコーディング前に一つ、レコーディング後に1つライブが決まってます。

それと別に2月10日には関西のふるさとロイヤルホースでライブがあります。

 

「Ai Ichikawa Trio at 日吉Wonder Wall Yokohama」
日程:2018年1月17日(水)OPEN18:00 1st19:40  2nd21:10
会場:日吉Wonder Wall Yokohama
料金:予約3,200円(税込)当日3,700円(税込)

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)伊藤志宏(Pf)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Ai Ichikawa at HOME 鎌倉DAPHNE」

日程:2018年2月24日(土) Open 18:00 Start 19:30
会場:鎌倉 DAPHNE

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)Swing-O(Pf) トオイダイスケ(Bass)

 

お待ちしてるね。

 

年末にかけて

ちょっとぼーっとしていました。

来週から年末にかけてたくさんライブがあります。

どのライブも、メンバーが違い、歌う曲も、変わります。

 

正直なところ、何より緊張するのは「初めての共演者とのライブ」「初めての場所のライブ」「お客さんがくるかわからないライブ笑」この3つです。

その3つに全て語ると長くなるので、ぼんやりと触れながらつらつらと書きます。

 

まず直近、次のライブが12月19日大阪ロイヤルホースです。

だいだいだいだいだい大好きな竹下清志さんが、

いつも「俺じゅんぺーちゃんのファンやねん」と私に話してくれて居た道祖順平さんと初共演です。

さっそく「初共演」に対する緊張。

そもそも、今までのアルバム4枚のプロデューサーである平岡遊一郎さん以外のギタリストとご一緒する機会がかなり希です。平岡さん不在のライブ前にいつも感じる「どれだけ私平岡さんにたよっとんのーー」ていう自責の念。うまくいかない原因を他責にするっていうのが、私の昔からの一番悪いところでして笑 案外そういうとこあるんですよねー。でもみんなあるよね?笑 誰かのせいにしたいよね?笑

 

でも、初共演こそが、ある種、自分の表現にチャレンジする良い意味でのリスキーな機会であります。

アカペラで歌っても、人を感動させる、歌手はメッセージを運ぶ楽器であるからして、

メッセージを忘れた歌を歌ってはいけません。私はメッセンジャー。

今もドキドキしてます。というか、初共演のライブが決まったその日から、しかも竹下さんの大プッシュミュージシャンとの共演という思い責任に、今も押しつぶされそうです笑

 

が、仕方ない。これが私の生業である。

からして、楽しむ♬

大阪のみなさん今年最後に会えるの、楽しみにしてます!!!!

 

 

はい、長くなりました。

まだまだあります。翌日!12月20日!

代官山WGT にて、素晴らしき歌手noonさんとの対バン企画第二弾!

また麗しき&素晴らしきピアニスト TAMAさんと、おなじみ平岡さんと4人でお届けします。

珍しく歌うクリスマスソングDuetの数々、ぜひぜひきてください!!!

これは、特に緊張する要素がありませんが、なぜなら初共演要素もないし、初場所要素もないっしょ。

あえていうなら「お客さんがきてくれるかな」要素かな!笑

というわけでよろしくおまちしてます!

 

まだまだまだあります、お次は12月22日の初出演の宇都宮Fellows

これはキンチョーごとですよー。そしてめっちゃ楽しみ。

初めて出演するお店。初出演と同じくらい緊張しますね。

どんなお客様がいらっしゃるのか、(お客さまがいらしてくれるのか笑)、

どんなお店の照明で、ステージはどれくらいの広さなんだろう?

ステージとお客さんとの距離はどんんくらいか、、などなど、行ったことのないお店には不確定要素がたくさん。。でも、平岡さんがお誘いくださった場所であり、お噂にかねがね聞いているfellowsさんでの初ライブ、2017年のうちにお邪魔できることがとても光栄です。

 

みなさん、お待ちしております!!!

 

というわけで、とりあえずこの3つのライブについての告知でしたー。

その後まだまだ3つあります。こちらについてもまた明日か明後日に♬

12月23日 二本松(SOLD OUT) &郡山

12月24日 名古屋 Mr.Kenny’s

12月25日 品川 トライベッカ

 

おやすみなさい。

12月はまだまだ

12月はまだライブがあるんです!
助走しまくった1年でした来年は飛びます!(アルバムを出すという意味です)

そんな1年の締めくくりに、ふさわしく来週はなんだかよくわかんないくらい移動します!!!

各地で皆様お待ちしてますので!来てね!!まじで!

私が、最近改めて感謝するのはお店の方は企画者の方との心の繋がり!!!音楽家と同じく、そのお店やイベントに夢と信念を持って、守り、成長し続けているオーナーの方や企画者の方がいらっしゃいます。その方々に少しでも恩返しがしたいとおもっております、そんな感謝と敬意を込めて、勝手に守護神として明記しました。でも本当にそうなんだよ。年末も突っ走るよ。Ai 回遊魚 Ichikawaと呼んでくれ!

12/19 (TUE) @大阪 Royal Horse
www.royal-horse.jp
竹下清志( piano) 道祖 淳平 (Junpei Doso)(Guitar)
守護神: Kazunari Kobayashi
竹下さんが大ファンだという一押しのギタリストと初共演!

ーーーーーーーーーーーーーーー

12/20(WED)@代官山 WGT
http://weekendgaragetokyo.jp/event/
Noon Singerさん、広田 圭美 (Tamami Hirota)さんとのコラボ企画第二弾!
わたしは、もちろん平岡遊一郎(Guitar)さんと!
守護神:@ 稲垣 勉 (Tsuyoshi Inagaki)
noonさんの歌声を聴くと心が洗われますよ!!

ーーーーーーーーーーーーーーー

12/22(FRI)@宇都宮 Fellows
http://www.g-fellows.jp/u_sch
平岡遊一郎(Guitar)@松本 敏明 (Toshiaki Matsumonica Matsumoto)(Harmonica)
守護神:秋山 義之 (Yoshiyuki Akiyama)
初出演のお店です!!宇都宮初めて!!!ドキドキ。
マツモニカさんと久々で超ハイパーうれしい。

ーーーーーーーーーーーーーー

12/23(SAT) 福島二本松
平岡遊一郎(Guitar) Duo
昼の部
10:30 開場 11:00 開演
会場 二本松市 自然療法サロン幸せの居場所
二本松市竹田-115
夜の部
18:00 開場 18:30 開演
会場 郡山市 さとう珈琲本店
郡山市中野1-18
お問い合わせ・お申込みは
片平 inomaru2000@gmail.com まで
守護神:片平 正子 (Masako Katahira)/Yuji Matsukawa/Abe DeVical

ーーーーーーーーーーーーーーー

12/24(SUN)@名古屋 Mr.Kenny’s
竹下清志(Piano) Duo
守護神:カタリーナ 美穂 (Katarina Miho) &倉さん♬
クリスマスイブに、私と竹下さん呼んでくれるってどんだけ幸せ♬ 清志とイブナイト♬
ーーーーーーーーーーーーーーー

12/25(MON)@品川トライベッカ
中嶋 錠二 (George Nakajima)(Piano) トオイ ダイスケ (Daisuke Toi) (Bass) Ryo Shibata(Drums)
超絶初共演!!!このお店の守護神はたくさんいらっしゃるので無記名。

photo by Tatsuichi Kuniyoshi
写真は、先日の代官山ライブの!

ーーーそして来年の一発目のライブはーーー
1月17日の日吉Wonder Wall Yokohamaです!
こちらも超楽しみな伊藤志宏さんと、平岡遊一郎さんとのトリオなので、また詳細後日!!

考えるタレント感じるタレント

先日、「考えるタレントの持ち主ではなくて、感じるタレントの持ち主だから」

なんてようなことを言われまして、確かにその通り。

考えれば考えるほど深い穴の中に迷いこんで

最終的に、感じた方向に導かれて出口を見つけて救われるようなこと

そんなことの連続で私の人生進んでます。

 

何か悪い事が起きたとしても、不幸中の幸いで生きています。

 

 

と、いうイントロを挟み、

本日代官山 晴れたら空に豆まいて、お昼のライブにお越しいただいて

本当にありがとうございました!!

個人的には、いろいろ反省点の多いというか、糧になる、学びのあるライブだったんですが、

恩師と盟友トリオでライブができたことはとても嬉しかった!

 

自分は今まで、気づかぬ中で、プロフェッショナルの仕事の少しづつを中途半端にやってきてしまったなと思うこの頃です。

 

ステージを作るには、特に大きなステージになればなるほど

いろんな職業の方のプロフェッションが必要になります。

それの少しづつを自分でやれている!かのような自信過剰な部分を、

今年一年で払拭できました。

 

私が集中することは、感じること、そして表現することなんだと

再認識している2017年の年の瀬。

 

セットリストは結局通年サポーターの方々のSNSから拝借。

なぜならいろいろ考えすぎて直前で変えたので本人も覚えていない。

Photo by Tatsuichi Kuniyoshi (素晴らしい写真ありがとうございました泣)

Special Thanks to Hair make Takako Kadokura

 

1. The X’mas Card
2. あこがれ
3. 水で薄めた恋
4. 恋のプロセス
5. Moonland
6. かわいいあたし
7. Play For Keeps〔新曲)
8. フィルムカメラ〔新曲〕
9. Goin’ Home
10. 思い出
11. 明日への灯り
12. Joy To The World
Ena. My Grown Up X’mas List

 

 

とりいそぎ。

重ね重ね、、ではありますが、

いつも応援してくれる皆様、これから応援してくれるみなさん

ありがとう。これからも、来年もよろしくおねがいします!

年内は、まだまだ楽しみなライブがあります。お知らせはまた後日。。。

12/19@大阪ロイヤルホース

12/20@代官山 WGT  noon➕市川愛

12/22@宇都宮 Fellows

12/23@福島二本松

12/24@名古屋 Mr. kenny’s

明日12/9のお昼は、代官山へ!12:30 Start

今年も、例年通りバタバタしてましたが、

今年の最後に盟友と、恩師トリオでライブがしたくて。

Originalsライブと、クリスマスライブ的なものをフュージョンしてみました。

ご予約いただいた方への期待値調整をするつもりはないのですが、

「超ハッピークリスマスーー🎵」みたいなライブにはなりません。笑

2年前につくったミニクリスマスアルバムの曲も披露したいがための無理やりこじつけタイトルです。

「Ai Ichikawa presents My Grown Up X’mas Live」
日程:2017年12月9日(土)開場12:00/開演12:30
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
料金:3,300円(税込)+1ドリンク代別
問い合わせ先:晴れたら空に豆まいて TEL:03-5456-8880
未就学児 入場無料。 中学生以下半額。
http://mameromantic.com/?m=201712&cat=1
市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)森田真奈美(Pf)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

クリスマスライブ、というより

年がまた終わろうとしていて、来年がまたやってこようとしている

12月のこの時期に、わたしが感じていることの表現を

味わっていただき、時に共感していただければこれ幸いと。

 

今年1年、自分の表現活動についてゆっくり、じっくり

周りの応援のおかげで考えることができました。

 

「自然体でいたい」と思うと、

おのづと自分の姿が見えてきます。

 

感じるままに、感動したり、

人と、人として接したり、(役割や仕事ではなく)

 

明日のセットリストが直前まで決まらなくて、

一ヶ月前に決まったものを5回くらい変更しました。

平岡さんに相談して決めて、昨日変更して、また今日変更しました笑

なので今までの「Ai Ichikawa Originals」でお配りしたようなセットリストをお配りすることができません。

ごめんなさい!でも、後日、できたら翌日には確実にセットリスト、ライブの後のブログに書きます。

いつも応援してくださる皆様、安心して笑、ゆっくり聞いていただければ幸いです。

 

明日も、大好きな森田真奈美と、大好きな平岡遊一郎さんと、

「市川愛」の表現活動をサポートしてくれるみなさんに会って

1時間ちょっと、1時間半くらいかなあ。を共にできることを

心から楽しみに、寝ることにします。

 

ありがとう。明日ね!

 

BOSTON photos (主に食べ物)

親友との思い出の詰まったアラビックカフェに1人でランチに来た。雨も合わさって、泣けて来た。。

彼女を空港に送ってさよならした日のブログを読み返した。想い出って素晴らしい。また泣けて来た、、、泣
http://ai-ichikawa.com/blog/2012/05/31/post_158/

 

と、上は、FBに載せた文章です。

結局このアラビックカフェに、時々涙を流しながら4時間いたっていう。。だって雨だったんだもん。。それで、昔よく飲んだアラビアコーヒーを2杯くらいのんで、、、。

 

 

 

 

こちらの景色は翌日の朝。

歳をとったのか、最近ちょっと街なかで一人で、自撮りが恥ずかしくなってきたので景色だけで失礼。笑

  

 

この旅4回目のダンキンドーナッツ@朝の5時

 

朝9時 この度初だけど、私が愛してやまない

ボストンのチャイナタウンの飲茶

 

鶏肉と椎茸の湯葉巻き。。まじで、世界で一番美味しいものだとおもう。ほんと驚愕。一人だったのに、めっちゃ幸せすぎていろんな人に写真送った。死ぬほどうまい。やばい。ナンバーワン。

 

 

そして愛するフローズンヨーグルト

ボストン。また会いに来るね。

NYC to BOSTON (写真ばかり)

VISA申請のためアメリカ大使館へ。

 

 

 

無事VISA取得!愛する愛江さんと羽田空港でGood Morning!

 

 

これからあなたのために歌うわよ、ガンダム!の図。

 

 

映画を3本見つつ、JALだったので機内食に吉牛とかでて、超嬉しい気持ちで、

ニューヨークに到着!お迎えの車に乗り込み、ついたーーー!!!

 

噂のキタノホテルの部屋が超いい。

ここに一人で3泊なんて。。。。。嬉泣

(愛江さんが夜這いにくるらしい笑)

 

ちょっと昼寝して、早速街へ!!!

ジャンバジュースをのみつつ、タイムズスクエアをうろうろ。

 

初日の夕食は、めっちゃ美味しいイタリアン。。。

まじでおいしかった。。。食べ過ぎた。。。

私と菊地さんのマネージャーさんが一番食いしん坊だということがわかりました。

 

 

朝ごはんは、サラダから始まり、なんと焼き魚定食があるーーーー!!!

ヨーグルトで締める。

 

ライブ前日ということで、会場へ下見!!

ニューヨークのJAVITS CENTERチョウデカイ・・

 

いろいろすっとばして、翌日の朝ごはん。

やっぱりスクランブルエッグと、パンケーキたねないとだめだよね。

 

ANIME NYCはじまりまーーーす!!!

  

 

打ち上げで食べ過ぎ、飲み過ぎたので、

3日目の朝の朝食は軽めに。。。

そして、この朝、皆様は日本にご帰国されました。。

 

そして、ギリシャに一緒に交換留学した友達、サブリナにあいに、

ブルックリンにいきましたー。

 

 

サブリナとタイ料理ランチをしたあとは、バスに乗り込み、

ボストンへ。さあ待ってろ私の街!と、思いきや素敵な空がみえました。バスの車窓から。

 

ついたボストンーーーー!!!!

 

BOSTON, YOU NEVER CHANGE! I LOVE THIS CITY!!!

というわけで、バークリー時代の先生にレッスン受けました。

歌い方の癖を自分で見直さないといけない。

 

そしてmonologとお茶!

 

 

 

この日の締めは、ビール!

 

そしてボストン3日目の朝ご飯は、

ヨガのあとのオートミール。いただきまーす。

ところで、ご予約はお済みですか?そろそろライブモード!!!

「Ai Ichikawa presents My Grown Up X’mas Live」
日程:2017年12月9日(土)開場12:00/開演12:30
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
料金:3,300円(税込)+1ドリンク代別
問い合わせ先:晴れたら空に豆まいて TEL:03-5456-8880

http://mameromantic.com

 

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)森田真奈美(Pf)

 

 

NYC to Boston (文ばかり)

「思考」というタイトルで何度も文章を書いたかもしれない。

人に伝えるために人は考えたり思いを巡らせたりするわけではない、

こんなことブログに書いたって、とか、こんなことみんな感じるでしょ。

と思ったりした瞬間、自分の思考をストップし文章化することを諦める。

 

自分の文章の癖としては、かなり「わかりにくい」「結論がみえない」「完全にマイワールドに入っちゃってる系」だと自分で思っているので、なかなか、書く気になれないし。時間を割いて、書くには、「今日こんなことをしました!」「今日こんな人と会いました!」「次のライブはこんなことをします!」とかっていうPR活動をSNS上にアップするのが一番効率的な自分の情報排出だと思う。

 

だけど、やっぱりこうしてニューヨークでの大仕事を終えて、ボストンに帰ってきて、歩いて、レッスンを受けて、景色を眺め、住んでいたころと同じヨガ教室に通い、そして古い友人に会い、案外古い友人はみな国に帰ってしまってほとんど残っていなかったと寂しい気持ちも感じながらも、変わらずそこにいてくれるボストンの景色に時々涙が出そうになっていることを、私はどうしても文章にしたくなった。

 

ニューヨークでのAnime NYC 菊地成孔さん率いる一座によるガンダムプレミアムライブは、成功に終わったとおもう。ニューヨークで2000人近くアメリカ人のファンが集まる場所で、アニメの挿入歌を歌い、100人以上のファンにサイン会に同席した。そんなこと、5年前、バークリー音楽院を卒業して日本に帰ることを決めた私には想像すらしなかった。多くの友人が卒業後ニューヨークに音楽活動をしに行ったが、私は日本に一緒に人生を過ごしていきたい大切な人たちがいた。だから日本にすぐ帰ってしまった。帰ってから、後悔こそしたことはないけれど、もしニューヨークかボストンにとどまれば、それはそれで楽しい時間が過ごせたかもしれないと思ったことはある。

 

要するに幸せだった。ニューヨークという地で、日本を代表する一流のミュージシャンに混ざり一緒に旅をして、「日本からのゲスト」として呼んでいただき、SUNRISE(ガンダムの会社)、 SONY、そして他にもたくさんのプロフェッショナルスタッフ(Back stage)の仕事に支えられた仕事の一部を担えたことが。同時に私はまるで、「山頂に空っぽのリュックを背負って登りきり、山頂で飢え死にするのでは」というような不安感にも苛まれた。

 

これがどういうことが、掘り下げるのは、また今度にするし、いまここで説明する何かではないと思っている。

 

ニューヨークの本番を終えるまでは、それなりに緊張もしており、

「途中で歌詞が消えたらどうしよう!?」「衣装がきわどいから太れない、、、」「肌荒れは大丈夫か」とか歌手として考える様々な不安要因により、100パーセント旅行気分にはなれないわけで、(当たり前だ仕事なんだから笑)イベントを終え、菊地成孔一座のみなさまが帰国するなか、私だけボストンに移動。4泊ほど延泊させてもらった。

 

ボストンにくると、、

とはいえ、人に役割や、自分を必要としてくれる仲間や愛する人がいなければ

どんなに美しい街でも、時にとてつもなく寂しい虚無感に襲われる。

 

菊地成孔さんが、ライブ終了後の打ち上げで、スタッフのみなさんの前で話していた言葉が心にとても強く残った。「僕は、海外に向けて、海外進出を考えて音楽をやっているわけではありませんが、自分の音楽、および自分を取り巻く素晴らしい才能たちは日本国内、国外、関係なくどこにいっても感動を生むものだと信じています」

 

私は、その言葉をいつか自分も自信もって、誰かに言えるような表現者になりたい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Ai Ichikawa presents My Grown Up X’mas Live」
日程:2017年12月9日(土)開場12:00/開演12:30
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
料金:3,300円(税込)+1ドリンク代別
問い合わせ先:晴れたら空に豆まいて TEL:03-5456-8880

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)森田真奈美(Pf)

満員御礼、昨夜のお礼、そして沖縄ツアーに行って来ます

昨晩、Ai Ichikawa Originals vol.2 Special band setに起こしいただきましたみなさま。

本当に本当にありがとうございました。おかげさまで、当日SOLD OUT。満員御礼。

月曜日の夜にもかかわらず、本当にたくさんの方々に見届けていただき、

本当に本当にいいエネルギーをいただきました。

 

きっと会場にいらした方々は感じてくださったと信じていますが、

100名強がひしめく会場は、決して大きすぎる場所ではないです。

お客さんの集中力の上下とかも感じるし、

お客さんのエネルギーも直接、ステージから直線でわかる距離感でライブができるのが

「晴れたら空に豆まいて」なので、今私は、あの場所で自分のオリジナルライブをやらせていただいています。

 

それは、自分でもまだどうやって育てればいいかわからない「自分の音楽」は、

聴いてくださっている方のFeedBackを感じつつ、自分で育てたいと思っています。

 

昨日の会場に集まってくださったみなさまは、

初めて私のライブに来てくださった方も、いつもいらしてくださる方も、

友人も、家族も、いました。

 

使っていただいた時間や、金銭に対する「不満、満足」はお客様それぞれ違うとおもいますが、いらしてくださった方々のエネルギーがとっても美しいものであったことは私が一番感じています。

 

 

そして、バンドメンバーも、

私はこんなに恵まれていていいのかと思う、

最強の「布陣」笑。

 

本当に幸せだった。

 

改めて、、ありがとうございました!!

 

 

次回の代官山 晴れたら空に豆まいてのライブは、

12月9日(土)の昼 です!

メンバーは、ピアノ森田真奈美、ギター 平岡遊一郎、もしかしたらあともう一人、、、かも?

という感じです。時間は、originals 第一回の時と同じ時間になりました!

 

12/9 (土曜日)

開 12:00 演 12:30 ・ 前 3300 当 3800  +1D 600

代官山 晴れたら空に豆まいて

Ai Ichikawa presents “My Grown up X’mas LIVE”

市川愛(Vo) 平岡遊一郎(Gt)森田真奈美(Pf)

ご予約おまちしております!!!!

HPからも、本日より予約できますよ!

http://mameromantic.com

 

久々に、真奈美とのDuoが観れる今年最後のチャンスでーーす!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、私にとってかなりの重量であったオリジナルライブ第二弾が終わりました。。。

そして、なんと実は、、、!!明後日から沖縄ツアーです!!!!

 

市川愛 沖縄ツアー in 那覇

2017/10/05 thu

各方面からの注目を集める女性シンガー”市川愛”の初の沖縄ツアー。プロデューサーでもあるギタリスト”平岡遊一郎”、時代を築いた多くのアーティストのメンバーを勤めたピアニスト”トム・イナガワ”氏とMaLとのカルテッド。那覇の老舗Jazz Club”Parker’s Mood Juzz Club”に登場します。

会場:Parker’s Mood Jazz Club
沖縄県那覇市久茂地3丁目9-11 アーバンビル5F
http://parkersmood.com

時間:
OPEN 20:00 / START 21:00

料金:予約 ¥2,500 当日 ¥3,000

ご予約・お問い合わせ
TEL 098-861-2565 or 070-5277-2492
MAIL info@parkersmood.com

市川愛 沖縄ツアーin宜野湾「Night and Day」

2017/10/06 fri

癒しをテーマに様々な角度でイベントを発信する宜野湾市ESSENCE963での市川愛の昼夜2本立てのライブ。
各方面からの注目を集める女性シンガー”市川愛”の初の沖縄ツアー。プロデューサーでもあるギタリスト”平岡遊一郎”、時代を築いた多くのアーティストのメンバーを勤めたピアニスト”トム・イナガワ”氏とMaLとのカルテッド。

会場:宜野湾「ESSENCE963」

沖縄県宜野湾市大山2-27-2
TEL098-963-9603

■□■□昼の部■□■□
ポップスや聞き馴染みのあるスタンダードジャズなどを中心にご家族でお楽しみいただけるようなカジュアルなライブ!
時間は短めのショートライブ。

時間:OPEN 11:00 / START 12:00
料金:¥1,000+ランチオーダー

■□■□夜の部■□■□

スタンダード、ジャズの名曲、オリジナルを交え大人のJazzライブをたっぷりとお届けします。しっかり楽しめるフルライブ。

時間:OPEN 18:00 / START 19:00

料金:¥2,000+1オーダー

■□■□■□■□■□

ご予約・お問い合わせ
TEL098-963-9603 FAX098-897-2275

MAIL essenceokinawa@ybb.ne.jp
(昼の部・夜の部をご記載の上送信してください。)

市川愛 沖縄ツアー inうるま市「not only Jazz」

2017/10/08 sun

うるまの熱い音楽発信基地、ライブスポットEeでの市川愛ライブ!各方面からの注目を集める女性シンガー”市川愛”の初の沖縄ツアー。プロデューサーでもあるギタリスト”平岡遊一郎”、時代を築いた多くのアーティストのメンバーを勤めたピアニスト”トム・イナガワ”氏とMaLとのカルテッド。

会場:うるま市「ライブスポットEe」

〒904-2215 沖縄県うるま市みどり町4-20-21 2F

時間:
OPEN 19:00 / START 20:00

料金:¥2,000+1ドリンク

ご予約・お問い合わせ
ライブスポットEe
TEL 080-1789-5155

前売り予約特典の発表!

みなさま、ご無沙汰しております。

台風も過ぎ、また夏日が戻ったようですね。

 

最近、相変わらずバタバタしていて、

とはいえよく遊んでるんですけど、(秋刀魚焼いたり、演劇見に行ったりとか、飲み会したりとか)

改めて、10月2日月曜日のオリジナルワンマンライブVol.2

スペシャルバンドセットの告知をさせていただきたいと思います。

 

ジャズや、洋楽ポップスなどなど

自分の憧れていた音楽を消化、表現するスキルを身につけることで歌って来ましたが、これから追求したい方向性は「ザ自分の音楽」

 

その「私の音楽」を追い求める上で、

10年前からずっと私の背中を支え続けてくれているギタリスト平岡遊一郎さん。そして、Swing-Oさん、石川智さん、コモブチキイチロウさんという最強のバンドメンバー4人とともに、バンド編成でお送りする全編オリジナル曲で構成するライブです。

 

私の人生の大きな分岐点を作ってくれた「浜田真理子」さんからの提供曲「あこがれ」で始まった私の新しい音楽活動のさらなる成熟を見届けてください。

 

 

そして、なんと今回、この市川愛Special Band Setのイラストをとても素敵なイラストレーターLuis Mendo氏が書いてくださいました!!!じゃーーーん!!!ちょーかわいいいい泣

そして、彼のご厚意により、このイラストのポストカードを予約してくださったお客様全員に、出血大サービスプレゼント!!!当日券ではプレゼントできません!というわけでご予約をお忘れなく!

 

10月2日月曜日@代官山 晴れたら空に豆まいて

「Ai Ichikawa Originals 〜Band Set Ver.」
日程:2017年10月2日(月)開場18:30/開演19:30
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
料金:4,000円(税込)+1ドリンク代別
チケット発売中 ローソンチケット:http://l-tike.com/ Lコード:74039
問い合わせ先:晴れたら空に豆まいて TEL:03-5456-8880

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)

Swing-O (Pf)  コモブチキイチロウ(Bass)石川智(Per)

リハーサル

こーゆーことかーーー、とー。

リハーサルで、今日はびっくりしましたよー。密かに。

みなさん私の大先輩すぎて、未だに集まるとかなり緊張しまして、

口数が減るんですよね。リハーサルの時とか。

自分の曲、自分のライブで、こんなにすごーい人たちと一緒にできて。

 

今日は、新しい曲を4曲ほど含めた10月2日(月曜日)の代官山 晴れたら空に豆まいてAi Ichikawa Originals vol.02 Special Band Set ver.のリハーサルしておりました。

新曲をね、やったんですよ。

平岡さん以外誰も聞いたことのない曲で、

楽譜を初めてみて、「こんなに完璧に演奏できるってすげえ」って思ったそのあとに、

2回目の、音楽の成熟っぷりがすごいの。一度聞いたら、全てわかるんだこの人たちーーーーーって鳥肌がたちました。

 

いやあ、改めて楽しみです。10月2日。

まだ空席あります!月曜日で、お仕事後に難しい時間かもしれませんが、、、

できるかぎり遅めに始めます笑 ぜひ!!!!

 

「Ai Ichikawa Originals 〜Band Set Ver.」
日程:2017年10月2日(月)開場18:30/開演19:30
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
料金:4,000円(税込)+1ドリンク代別
チケット発売中 ローソンチケット:http://l-tike.com/ Lコード:74039
問い合わせ先:晴れたら空に豆まいて TEL:03-5456-8880

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)

Swing-O (Pf)  コモブチキイチロウ(Bass)石川智(Per)

りきみゃいいってわけじゃない

りきみゃいいってわけじゃないってのが

最近の私のテーマですが、

 

というのも力みすぎて10日間ほど声を失ったわけです。

「こんなにがんばってるんです!!」っていうのはもう

いい歳した大人の女性になるには必要ないですよねー

 

まあ、しかしでも一人っ子な私としては言いたいんですけどね。

 

あ!!!!この場をお借りして、、、みなさま

「声帯炎」なおりました。本当に、たくさんの方からいただいた励ましのお言葉とメッセージ、心に響き「自分が鉄人じゃないってわかってよかったじゃないby浜田真理子さん」からのお言葉もいただき。泣 本当に、支えられました。

 

 

が、しかし「りきみゃいいってわけじゃない」っていうサブタイトルをつけたい。

10月2日のワンマンライブ。

2ヶ月前から、セットリストを考えて、やっと昨日セットリストが決まって

さて、新曲の用意をしよう。と力んでいるわけです。

 

@福岡。明日は中洲ジャズで20時10分ーキャナルシティ博多で歌います。

 

10月2日月曜日@代官山 UNITの予約はお済みですか?

かなり力んで、「力まないようにしよう」がんばっているライブです。

みなさまのご予約を心よりお待ちもうしあげております。

「Ai Ichikawa Originals 〜Band Set Ver.」
日程:2017年10月2日(月)開場18:30/開演19:30
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
料金:4,000円(税込)+1ドリンク代別
チケット発売中 ローソンチケット:http://l-tike.com/ Lコード:74039
問い合わせ先:晴れたら空に豆まいて TEL:03-5456-8880

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)

Swing-O (Pf)  コモブチキイチロウ(Bass)石川智(Per)

 

筆談生活

ただの風邪かな、、、と思いきや、

先日のライブの翌日から、完全に話し声も含めて声を失い、

焦って、休日診療の耳鼻咽喉科に行きましたところ、

「急性咽頭炎」及び「声帯炎」と診断!

 

チーン。まじで一言も声がでない。

 

「10日間ほど筆談生活してください」とお医者さんから言われてしまいました。

 

 

筆談生活2日目ですが、なんとまあ、苛だたしいことか。

とはいえ、まあ仕方ないので、今までの自分の喉の管理体制の甘さを反省しつつ、

とりあえず、「話せない」を楽しもうかと思っています。

本当は死ぬほど不安だけど。笑

なので、すいません、電話に出れません。

 

 

実は明日から船の旅にでます。

6日間ほどまた、旅にでます。

 

10/2 月曜日ののオリジナルワンマンライブ。

ご予約いただいた方々本当にありがとうございます。

「歌えるって、話せるって幸せこの上ない」という気持ちを込めた

「自分の表現」を皆さんに披露できると、思っております。

とは、いえまだ曲目や、アレンジ等かたまっておりませんが、

エネルギーを蓄え、たくわえ、10月2日に放出したいです。

 

「Ai Ichikawa Originals 〜Band Set Ver.」
日程:2017年10月2日(月)開場18:30/開演19:30
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
料金:4,000円(税込)+1ドリンク代別
チケット発売中 ローソンチケット:http://l-tike.com/ Lコード:74039
問い合わせ先:晴れたら空に豆まいて TEL:03-5456-8880

お店HPへ直接予約もできます http://mameromantic.com

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)
Swing-O (Pf) コモブチキイチロウ(Bass)石川智(Per)

 

 

思い出

昨日のWWYライブで「思い出」が聴きたい!

と言っていただいたのですが、

昨日は実は喉の調子がかなり悪くて

歌えなかったこの曲。

 

何をしても大丈夫な肉体だと間違った信じ込みをしていて、

1週間ライブし続けても絶対に枯れない強靭な喉をもっていると信じていた自分に、

喉に不調が出ると「恐怖」でしかないですね。

 

歌手の人が喉にトラブルを持ったり、守ったりするのは

本当に大切なことなんですね。(いまさら。笑)

今、しゃべることもままならないほど声がでません。笑

 

というわけで、皆さん。

手洗いうがい、そして後部座席のシートベルトをしましょう。

 

ーーさて、「思い出」について、、

この曲は、ボストンのバークリー音楽院在学中に

今となっては、水樹奈々さんのアレンジャーや、コンポーザーをして、大活躍している作曲家Evan Callから、録音のプロジェクトの歌唱と作詞を頼まれたのがきっかけでできた曲です。

 

 

 

私が生まれ育ったのは、藤沢市渡内のグリーン団地と呼ばれていた場所でした。

大船駅からバスにのって、関谷入口というバス停で降りて、

交通量はある程度あるのに、歩行者用の信号のない横断歩道を、気をつけて渡って、

「市川さん」という家族(うちではない)がやっている八百屋さんの角をまがって、

長い坂を登りきったところにあるのが私が22年住んだ家でした。

 

二世帯住宅で、

両親が二人とも働いて、祖父と祖母と一緒に過ごす時間が多かった。

反抗期の7割ぐらいが、祖父と祖母に向いていたんじゃないかとおもう。

今考えると、謝りたい気持ちでいっぱいである。

 

こんな個人的なストーリー、私の心の中にしかない景色なはずなのに、

アメリカ人の友人の書いた「歌詞のないこの曲」を聴いていて、一番最初に浮かんだのは、

おじいちゃんとおばあちゃんと過ごした時間だった。

 

「いい曲、いい歌詞、いい音楽を作るにはどうすればいいんだ」

と、ここ最近、ずっと悩んでるけど、音楽にかぎらず「表現」の元になるのはいつも、

「思い出」になりえる「今」にどれだけ感動できているかなんだと思って

今も一人で泣いている。笑

 

私は、あんなに冷たくあしらってしまっていた祖父と祖母との時間に、

じつはずっとずっと、感動していたんだとおもう。

 

たぶん「誰かのストーリー」から「誰かのストーリー」へリレーされるということが起こりうる表現が、素晴らしい表現なんだとおもう。

 

と、風邪ひいて、涙もろくなっているために、つらつらと書く。

 

皆さん、本当、に風邪などひかぬよう、

お身体にご自愛ください。あなたの「今」は健康の元にあります。

 

 

「Ai Ichikawa Originals 〜Band Set Ver.」
日程:2017年10月2日(月)開場18:30/開演19:30
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
料金:4,000円(税込)+1ドリンク代別
チケット発売中 ローソンチケット:http://l-tike.com/ Lコード:74039
問い合わせ先:晴れたら空に豆まいて TEL:03-5456-8880

お店HPへ直接予約もできます http://mameromantic.com

市川愛 (Vo)平岡遊一郎(Gt)
Swing-O (Pf) コモブチキイチロウ(Bass)石川智(Per)