昨日は代官山UNITでした。

昨日は、菊地成孔さんの運営するSONY/TABOO レーベルが主催するイベントの記念すべき第一回目!

コーラス女子の1人で参加させていただきました!!

私、吉田沙良さん、菊地成孔さん、スタイリスト菅井葉月さん、坂本愛江さんで最後のパシャリ♪

めっちゃ楽しかった♪オールスタンディングで満員でした!

こちらのイベントの第二回目は5月31日。

次回のラインアップはなんと市川愛/ものんくる/けもの の3バンドです!

 

★4/16(日)昼の代官山 晴れたら空に豆まいてライブ

「Ai Ichikawa Originals」

@代官山 晴れたら空に豆まいて

OPEN 12:00 START 12:30

★5月31日の代官山UNITのイベント出演

両日とも今後の私のオリジナル曲たち、アーティスト魂をかけた2公演になります!

5/31に市川愛バンドがどんなメンバーで出演するかは後日発表をお待ちください♪
菊地成孔TABOO LABEL PRESENTS
HOLIDAY
VOL.2 LADY’S PAY DAY

昨日、大好評のうちに終了した、TABOO LABEL PRESENTS「HOLIDAY」早くもVol.2の発表です!
Vol.2は“LADAY’S PAY DAY”と題し、市川愛、けもの、ものんくるでお届けいたします!お楽しみに!

出演:けもの/ものんくる/市川愛
公演日:2017年5月31日(水) 開場:18:30 開演:19:00
会場:代官山UNIT
入場料: ¥2,500(税込)オールスタンディング(整理番号付き)
※入場時ドリンク代別途必要 ※6歳未満入場不可
企画:ビュロー菊地
制作:サンライズプロモーション東京
後援:Sony Music Artists Inc./TABOO
問合せ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00~18:00)
発 売 方 法:
①発売日-2017年5月6日(土) 午前10時発売開始
②発売所
チケットぴあhttp://w.pia.jp/t/holiday/  0570-02-9999 (Pコード:328-903)
ローソンチケットhttp://l-tike.com/ladyspayday 0570-084-003 (Lコード:74926)
e+(イープラス) http://eplus.jp/holiday0531/

Royal Horse

先日の大阪ロイヤルホースにお越しいただきました皆様ありがとうございました!

ロイヤルホースは私の関西のホーム!行くだけでほっとします。

でもなんでほっとするかってやっぱり皆勤賞の皆さんのおかげです。

 

まあ私かなり行きまくってるんでロイヤルホース。笑 いらしていただけるときと、いらしていただけないときがあって当たり前だとおもうんですが、お会いできる方がいつもいらっしゃるのはすごく心強いと同時に、毎回期待を超えて行きたいというとっても良い緊張感につながります。

 

上記You tubeは、ピアノ竹下清志さんとのDuo。

竹下さんと一緒に演奏すると、自分がどれだけ「浮いているか」ということに気づかされます。

それは彼のピアノがめちゃくちゃ地上にある感じがするんです。

あ、こんな表層で歌ってはいけない、もっと地に根ざさなければいけない。と気づかされる瞬間の連続です。すっごく「おいおいきみ、もっと地に近づきなさい」という感じがするんです。とにかくすごい。彼のピアノ。なんと、5月12日に、東京にいらっしゃる竹下さんと初めてDuoライブをします。吉祥寺Stringsです!めちゃくちゃおすすめなので今から是非ご予定あけておいてください!私も正直どんなライブになるか想像もつきません。笑

 

次のロイヤルホース出演は6月3日。

平岡遊一郎さん(ギター)中嶋徹さん(ピアノ)とトリオで出演です!是非!!!!!!

 

改めて、いつも応援してくださる大阪の皆様へ

本当にありがとうございます!皆さんが私のライブに来てくださること、ロイヤルホースさんが私を呼んでくれることは、「当たり前」ではなく、すっごく私は恵まれています。いい環境で、ベストなパフォーマンスを、もともと縁もゆかりもないはずの場所でやらせていただける。だからいつも期待に答えたいとおもってます。これからもよろしくおねがいします!

 

 

ベースの三原さん、ドラムのマーティさん、最強のメンバーでのライブでした。

本当に最強トリオです。またやりたーーーい。

 

 

hello

 

4月16日と6月4日のことで

頭がいっぱいのように見えて、、、、毎日は目の前にある。

 

菊地成孔さんは、有名な方だと思います。

でも彼は私に本当にいろんなことを教えてくれた。

「有名な」人だから、私が「菊地さん」について人に話したりすることさえもはばかられます。

 

でも彼の現場や、彼の「僕は音楽至上主義です」とはっきり話す姿勢。

彼の話す知識や、技術の話は正直、私には全然わからない笑

「ララランド」や「セッション」の批評文も長過ぎて読めないなあ笑 と苦しみながら一応読み切ったけど、全部は理解していないとおもう。私の文章理解力の低さはかなり重症だ。

 

と、まあ私の「活字苦手話」なんてどうでもよくて、

 

菊地さんの現場で学ぶことは、平岡さんが私に教えてきてくれて彼との長い現場の積み重ねによって積んできた知見や経験がベースにあって学べているとおもう。そして平岡さんを私に引き寄せた人生の線は確実に浜田真理子さんを取り上げてくれたテレビ番組、情熱大陸のおかげだ。もっというとその情熱大陸をたまたま見た日の昼間に、受けた歌手オーディションでどうしようもない虚無感を味わったおかげである。 人の生き方は、鵜用曲折しているように見えても、最終地点は一緒である。

 

明日月曜日3/13は品川トライベッカ、火曜日3/14は代々木NARU,水曜日3/15は、大阪ロイヤルホースでライブがある。そしてそののライブのそれぞれには2ステージ〜3ステージあって、一晩で15〜18曲くらい歌う。同じ曲も歌うし、違う曲も歌う。メンバーも違う。

 

全ての楽曲や音楽には魂があり、

それは自分が歌詞や曲を書く時の魂を想像すれば長く説明しなくても容易に理解できる。

 

15曲中一曲も、適当にはできないわけで、

その夜、その空間で、そのセットリストの順番の位置で歌うことがベストだと考えてから披露しないといけない。少しでも考え始めると、どこまででも繊細にセットを考えることができて、いくらでも不安要素と期待感が持てる。

 

 

 

すごいまじめにブログ書いてみましたが、

この後は、最近の写真貼付けます。笑

タワレコの配信TVに出ました。全然はたけの違うところに呼んでもらえるのめっちゃたのしい。

見てくださった方、そして録画してくださった方(笑)まことに、ありがとうございました!!!

ガキレンジャーさんや、リブロさん、リトルさん、ぱいぱいでかみさん、等豪華おもしろメンバーでしたあ!!!

 

 

ポチョムキンさんとも2ショット♪久し振りのご対面でした!

 

 

 

 

4/16 日曜日 代官山 晴れたら空に豆まいて

市川愛 初のソロ名義でのオリジナルワンマンライブ!告知動画です。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月16日(日)「Ai Ichikawa Originals」

@代官山 晴れたら空に豆まいて

OPEN 12:00 START 12:30

 

 

3/11 -3/12 へ

本当は一昨日書いたブログを、昨日Blog upしました!としようと思ったところでしたが

昨日は3月11日で、なんとなく自分のことだけを書くのが気が引けたのでやめました。

私は、特に決まった一つの宗教をもっていませんが、「亡くなった方の魂」は体と一緒にふわっと消えているようで消えてはいないということは信じています。6年前は私はボストンにいて、家族がふわっと消えてしまったかという恐怖を、時差のあるアメリカの地で感じました。それによってパレスチナ人の友達や、イラクからきた仲のいい友達が、「国と家族を案ずる」気持ちを日常で持っていること、を初めて理解をした気がしました。盟友ピアニスト森田真奈美も言っていたけど、3/11がなければまだアメリカに居たかもしれない。

家族や友人が本当に亡くなった方にとっては昨日一日で終わることなく、今日までの6年と1日、長い長い期間なんだと思うのですが、私はせめて昨日1日、自分以外のことと、をできるだけ考えて生きました。

 

黙祷

 

 

3月8日、今日はなんの日でしょう?

高校生の時、トフルゼミナールという予備校に通っていて、

その時の予備校の先生と今も仲良くさせてもらっています。

 

その人は、私が卒業してからも、

ほぼ毎年12月8日、1月8日、突然「今日はなんの日でしょうか?」とメールがくる。

(12/8は、ジョンレノンの命日。1/8はエルビスプレスリーの誕生日です)

 

今日も突然メールが来まして、「3月8日、今日はなんの日でしょう?」

ジョージマーティンの命日だそうです。

5人目のビートルズと呼ばれるプロデューサーですね。

 

私は幸せです。

 

4月16日の代官山でのライブに、昔からの友達が久々に連絡をくれて「予約したよ!」って言ってくれる。人生が1つの線で繋がっている気がする。形に出来なかった想いの欠片に触れた5年前、10年前の友人が、私がやっと見つけて形にできるかもしれない美しく不確実なものを、久しく会っていないにもかかわらず、気づいてくれて期待してくれている。その予備校の先生も来てくれるそうです。

 

藤沢の市民ホールで大学生の時初めてコンサートした時、

鬼塚ちひろの目眩と、カーペンターズのI won’t last a day without you、とロバータフラックのKilling me softlyをThe Fugeesバージョンをカバーして歌ったことしか覚えてませんが、A4の紙に印刷したら6枚くらいになるんじゃないかと思う感想文(主に批評)をいただきました。その時は「表現」という行動の要素が、心の中でごちゃごちゃになっていて、今とは全然違う。でも、そんな今も、4月16日のワンマンライブも10年後の私が見たら「何も見えていない」状態なのかもしれない。それでも私は今この瞬間に見えているものを信じて形にしていくことがやりたいことであり、私がやらないといけないことだと信じています。

 

私は幸せです。

自分のやりたいことに没頭できる環境をもらってる。

 

 

腕の力がなさ過ぎて、高校生どころか、小学生の頃から、今迄一度たりとも一人で逆上がりができない理由は、腕の力がないからだってことに最近気づいて、筋トレしてます。4月16日までに逆上がりができる姿で皆さんにお会いしたいとおもってます。

 

 

 

追伸:3月8日は、忠犬ハチ公が、1935年に渋谷駅前で死んでしまった命日でもあります。

今日はこれからそんな渋谷にあるタワーレコードさんにお呼びいただきましてインターネットラジオに出演します。22時からです。http://www.towerrevo.jp/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月16日(日)「Ai Ichikawa Originals」

@代官山 晴れたら空に豆まいて

OPEN 12:00 START 12:30

憧れの本質

「ジャズを歌う」ということに憧れを抱いたのはやっぱり鎌倉ダフネで初めてライブを見た時だった。人間不思議なもので、憧れた姿を、走り続ける中で忘れてしまう。

いや、そもそも心に抱いた「憧れ」の中に含まれる本質的な要素をわからぬまま自分はその姿のエネルギーの総量に、憧れてしまったのかもしれない、と思う。

 

2月25日の鎌倉ダフネのライブ、沢山の方にいらしていただきまして、心から感謝でした。

Swing-Oさん、マツモニカさん、平岡遊一郎さんという初対面ですが、すばらしいバンドに支えられ、めちゃくちゃいいライブができたと自分で思ってます。もちろん100点をつけるのはどの現場も難しいですが、奇蹟の瞬間と涙が溢れそうな瞬間が幾度となくありました。

 

 

ダフネは、ジャズクラブです。

でも、自分のオリジナルを表現しても受け入れてもらえる。空間になじむ。

そんな私のホームだから、セットリストはかなり自由。ジャズもオリジナルも、カントリーも、ソウルナンバーもやった。ダフネではまた6月くらいに今回のメンバーでやりたいと思っています。

いらしていただいた皆様、是非また、CHECKしていただきいらしてください!

 

 

10年以上前の情熱大陸で見た「浜田真理子さん」への想い。その時私は「憧れの本質」を確実につかんでいたと思う。「この人はシンガーソングライター?この人はジャズシンガー?弾き語り歌手?」彼女をどうやってラベル付けするべきか、音楽の知識も今以上に浅かった私は全然わからなかった。そもそもラベリングなんて「本当の音楽」には出来ないし、そんなに無意味なことはない。ラベルがわからないながらも、衝撃をうけたし、彼女の音楽と生き方に憧れた。その気持ちは、自分の音楽を成長させるアクセルにも、焦らないで一歩一歩、歩くブレーキにもなりました。アクセルとブレーキを、必死にコントロールしながらやってきたつもりですが、うまくやれてきたのか、もっとうまくやれたのかなんて自分にはわからない。

 

でも、何がありすぎても、何が欠けても、

これが、実現してしまうということは、、、、、夢のまた夢を超えてしまっていることは事実!!

 

 

3/1(水) 前売りチケット一般PG発売開始です。

「うたの女子会」
三人の実力派シンガーが綴る オンナの生き方、愛し方…
浜田真理子(vo,p) with 斎藤潔(b)
畠山美由紀(vo) with 小池龍平(g,cho)
市川愛(vo) with 平岡雄一郎(g)

6月4日(日) 高松オリーブホール
開場17:00/開演18:00
前売¥5,000/当日¥5,500 (D別)
全席自由
ローソンチケット Lコード→62677
d-ticket→https://www.ticket.ne.jp/dticket/
イープラス→https://eplus.jp
店頭販売:Hit’s/オリーブホール/DUKEショップ全店

 

更に、、、このライブで緊張しすぎて逃亡しないために

其の前の4月16日 日曜日に昼に、自分に高い壁をつくりました。

オリジナルワンマンライブ。なんて無謀!

でも、なんか、2012年に初めてアルバムを出した時のリリースライブくらい、緊張してるし、準備してるし、なんつーか、その、、、とにかくこちらも予約開始しましたーーー!!!

4月は誕生日だし、、皆さん、、きてくれる、、よね?笑

 

ご予約はこちら

 

「私の表現活動はどこに向かうのだろうか?

ジャズや洋楽ポップスのカバーをメインにした3枚のソロアルバムを製作した後、

バンドや、コラボ、ゲスト出演以外での”市川愛”が、何を表現したいのか正直わからなくなっていた。

 

そんな時、浜田真理子さんが私に預けてくれた未発表曲「あこがれ」によって、

そして長年私の表現活動を支えてくれている平岡遊一郎さんによって、

改めて自分の音楽を探す旅に出る勇気が湧いた。今の私は、これからの私が楽しみで仕方ない。」

 

 

本日のブログの締め写真は、

先日まさかのトライベッカへ大集合

浜田真理子さん、おおたか静流さん、鎌野みずほさん、平岡遊一郎さん、市川愛。

 

ーー市川愛 その他ライブスケジュールー

3/13 品川トライベッカ (レストランのBGM演奏です)

3/14    代々木NARU

3/15    大阪 ロイヤルホース

「恋の歌」

「恋の歌」を書いてください。

と、とある尊敬する音楽家に言われまして、

「恋の歌」を書いています。

 

恋だの愛だの、何歳になっても

みんな「今の自分」だったり、「昔の自分」だったり

「記憶の中のあの人」だったり、「妄想の中の彼」等など、

生きている中で感じる「気持ち」という名の体液は、

いくつもの恋愛感情や、友情や、家族愛等にまみれています。

 

その中の一部分を切り取ったり、

他人の話から妄想したり、映画や景色を眺めて想像したり、

そうして曲や歌詞を書くのは、こんなに楽しいものかと

今更感じているわけです。

 

今更こんな風に書き始めて、遅いかな?いや、そんなことないっしょ。

これからフランス語勉強するっしょ。

あと2カ国語くらいしゃべれるようになりたいっしょ。

人生短いようで長くて短いっしょ。

 

2月25日の鎌倉ダフネでは、

ニュージーランドの洋上で出来上がった曲を披露しようとおもってます。

お待ちしてますね!もちろんJAZZ Clubダフネ。。なので、オリジナル以外にJazz のスタンダードナンバーも含めてセットリストをくんでいます。

2月25日 土曜日 鎌倉ダフネ

市川 愛        ボーカル

平岡遊一郎 ギター

SWING-O    ピアノ

Matsumonicaハーモニカ

Live 19:30~22:00(2 Stages)

 

2/18に、平岡さんにお誘いいただきまして

平岡遊一郎が、女子3人を引率するライブがあります。笑

メンバーは、森田真奈美(Piano),中園亜美(Sax)市川愛(Vo)と、引率の先生がギター平岡遊一郎さんです。笑 もしよろしければこちらも是非!

2/18 (SAT)日吉 WonderWall Yokohama

 

2月25日鎌倉ダフネ、2月18日のワンダーウォール横浜のライブは

お店に直接ご予約いただけますと幸いです。

おまちしております!

 

S__15491095 S__15466501 S__15491079 S__15491081

ーーー春の必聴ワンマンライブ(Birthday Live)ーーーーーー

4月16日(日)「Ai Ichikawa My Originals」(タイトル仮)

@代官山 晴れたら空に豆まいて

Start は、お昼の12:30を予定。終了予定14:00pm

 

 

6月4日 無視できない虫(64)の日

 

現在、インターネットアクセスの無いニュージーランドの洋上におりますが。

それでも、しかし、2月1日に情報解禁がされた以上!

ブログでも改めて告知しなければ成らない重要な情報が!!!

 

6月4日 無視できない虫(64)の日に、

市川愛的には、信じられないライブが香川は高松にて企画されました。

このお話をいただいたのは去年の秋くらいでしょうか、、、いや夏だったかな?とにかくかなり前です。

 

今更語るも何もないので、

もう語りませんが私のブログを今迄見てくださっていた皆さん

私の家族、友達、そして応援してくださっている皆様

このライブ終わったら瀬戸内海に身投げしてもいいと思うくらいの市川愛の歓喜っぷり、おわかりですよね?!?!

 

これです!

16358534_1086129571495642_532631251_n

 

 

 

 

浜田真理子さんと、畠山美由紀さんと、市川愛なんて、、、。

香川県。高松。そうさ遠いさ。

でもさ、距離なんて関係ないさ。無視しないでこの日を!!まじで!!

東京からも、名古屋からも、関西からも北海道からも、九州からも、東北からも、どこからでも、見に来てください!!!※チケットの発売は3月1日です。

 

 

このライブのお話を去年頂いてからというもの

更に私は「市川愛」がどんな音楽家/歌手になりたいのか

憧れの歌手二人と同じステージに立つにあたって

自分が本当に表現したいと思うのはなんなんだと、考えました。

某TV放送局のディレクターさんにも「ちょっとあんた!この並びであんたはそこで何を表現するのよ?!ちゃんと考えてる?!」なんて言われちゃったりして。

そら考えてますよ。改めて、色々やりまくっている私ですが、「さあ市川愛、何がしたいのよ?」って。

 

小曽根真さんだって「いつも自分の音楽ってなんなんだろう?」という問いを自分に問うとインタビューで話していたくらいなので、私なんかにそう簡単に「自分の音楽」なんてわからないんですけど、でも例えばジャズバー2ステージ(50分×2)間に休憩あり。ではなくて、「1時間で、あるいは30分で“市川愛”を表現してください」と言われたらどうすればいいんだ?!?! と、本気で考えました。今その答えに向き合っている最中です。

 

 

 

6月4日の香川県は高松でのライブが決まってから

勇気をふりしぼって決めたライブがあります。

4月16日(日)「Ai Ichikawa My Originals」(タイトル仮)

@代官山 晴れたら空に豆まいて

Start は、お昼の12:30を予定しています。

未発表曲を含めた次のオリジナルアルバムに入れる曲達で構成する

初めてのオリジナルワンマンライブです。

バイオリンも弾きます。(逃げ場を無くし、練習するためにここで断言)

 

一応、4月21日の誕生日の5日前ですが誕生日ライブ的な側面もありますので、

本当に皆さんが来てくれたら、それだけでプレゼントは要りません♪笑

市川愛のライブに飽きてきたという方も、

市川愛のライブは絶対に死んでもはってでもいくから!っていう方も、

市川愛のライブに一度行ったけど、あんま面白くなかったからもう行かないっていう方も、

チャンスを下さい!これが市川愛ですと言えるような1時間をお送りします。

(若干期待値上げすぎている気がして怖くなってきたのでこの辺でやめます)

 

 

メンバーはギター平岡遊一郎さんと、ピアノ林正樹さんと私。

林正樹さんとの共演は、菊地成孔氏のペペトルメントアスカラール以外では初めてです。平岡さんと林さんも初共演。

 

4月16日の更なる詳細につきましては、、

後日お知らせいたしますが、皆さん4月16日 日曜日の昼の代官山ワンマンライブ、6月4日の香川県高松ライブは、PLEASE DON’T MISS IT!!!!!!!!

 

 

 

 

Newzealandの羊さんも来たいっていってます!4月16日代官山 晴れたら空に豆まいて! 羊さん!!

 

S__15335461

 

 

 

1月の森田真奈美との浜松、芦屋、名古屋ツアーが終わり、

ガンダムライブ@Zepp Diver City も終わり、Da Lua with Stringsも終わり、やっと少しほっとしています。

 

次のリーダーライブは2月25日の鎌倉ダフネです。

ちなみに、来週から2週間ほど、、旅に出ます。日本から出ます。

若干音信不通気味になるかもしれませんが、後は追わないでください。笑

 

ということで、写真で振り返るガンダムイベント

まずは、普通の格好で、菊地さんとマネージャーさんとともにゼップへ。

CIMG0667

もうそのあとは、この格好の写真しかございませぬ

16142348_1229620633784857_7910342147092117056_n 16143301_1229620433784877_4193556215040794756_n CIMG0682  CIMG0677 16142880_369706840065840_7697780110382783795_n

 

至り

改めて、2017年、「明けまして」というのはもう遅い時期にさしかかってしまいましたので(喪中でもあり)控えさせていただきますが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

2016年の年末は、破滅的に忙しく楽しく過ごしました。

遠征ライブもありましたし、カウントダウンライブは

森田真奈美と一緒に品川のマリオットホテルでした。

2016年12月31日の23:45〜2017年1月1日の0:05までライブしたあと、タクシーに飛び乗り六本木ヒルズで0:50から、菊地成孔さんのイベントに参加させていただきました。六本木ヒルズの最上階?がクラブのようになっていて、爆音の中、やばいこのままではこの場になじめない!!とおもい、その場でビールと赤ワインを一気飲み。大学生のとき以来のばかな飲み方を「たった一人」で経て、ライブに2曲だけ出演させていただきまして、その後友人と合流して鎌倉ダフネでダフネメンバーと合流。なんだかすごく愛おしかった。

15857140_1592098750805437_268273191_o

 

そして、昨日は初共演、初こころみライブでした。

反省もたくさんあるけど、初心に戻ることのできるいいライブでした。改めて平岡さん、Swing-Oさん、中園亜美ちゃん、飛び入りしてくれた坂本愛江さん、渋谷Bar Rhodesさん、会場にいらしてくださった全ての皆様に感謝です。ほんとうに。

15967239_10211325886444606_1105386668_o 15970745_10211325887004620_2060720361_n

 

「若気の至り」というのは「失敗」のような印象になるけど

「若いからできたこと」昔はこう感じていたからこう選択して、こういう結果に結びつけたこと。等。私はこの言葉を「失敗ニュアンス」では使いたくない。

 

その時選択したことは、その時選択して今を作っているが、

いつ覆したっていいんだ。全てゼロから始めることを怖がってはいけないんだ。

 

次のリーダーライブは2月25日土曜日@鎌倉ダフネです。

平岡さん、Swing-Oさん、マツモニカさんと奏でる私の進化中音楽世界を是非見に来ていただきたいです!お待ちしてます。

 

ダフネ

 

paradox of choice

中学生の時
「かわいい女の子」「かわいくない女の子」
「かっこいい男の子」「かっこよくない男の子」
「もてる人」「もてない人」
このそれぞれの違いはどこにあるのだろう
と真剣に考えて一つのシンプルな答えに行き着いた

「自然体」であるか、「自然体でないか」ということが
そのそれぞれの違いだと其の時思った。

 

 

12月は忙し過ぎた。
正月はゆっくりできた。

12月と1月の振り返りブログは後ほど新年のご挨拶とともに改めて。
今は全然違うことが書きたいから書かせてほしい。

 

 

正月はゆっくりできて、
今この瞬間もかなりゆっくりしている。
ギターやバイオリンで遊んだり、ライブの準備したり、、(←今週水曜日渋谷Bar Rhodesきてちょ)

 

 

 

今更ながら、いまはずっとずっとTEDをみている。
ひたすらランダムに見続けているのですが、

内容はそれぞれすごく面白い
内容を聴きながらも、一人一人の話し方を見ている。

 
というかまずは一人一人のスピーカーのすばらしいプレゼンテーションに感心している。「話」だけで、こんなにたくさんの人の集中力を一点にして、30分近くも、話し続けるなんて。英語だって日本語だって、すんごい難しいと察する。自分がやるとしたら。でも、いつかやりたいなと思いながらTEDをひたすら今も見ている。

スピーカーの中でも、
全くもって自然体な人、不自然な人、
無駄な力が入っている人、作り込んでいる人
などなど色々だ。

 

やっぱり結局はここにいきつくわけだと思う。
どんな表現活動をするにしても、どんな仕事をしても
自分の集中力が自然にそこに迎える、自然にエネルギーを発する事にできる
「自然体」にどこまで成れるかが、私が思う人生のキーポイントだ。
「何か不自然だ」とおもう要因は自分が一番わかっているはずだ。

 

私の仕事に関係するなら、誰のステージをみても
どんな自分のステージにたっても「自然ではない」という要因は一番最初にわかるんだ。ただ、その感触も、緊張感や、頭で考えすぎた方程式によって消し去ってしまい、あたかもそこに気づかないようにやってしまい、不自然さを積み上げること。そんなことは結構よくあることだ。

でも、それをとにかくゼロにしていこうじゃないか。
それが私のやりたいことだ。

 

 

たくさん見たけど、その中でも内容も、

話し方も好きだったスピーカー
”Paradox of choice” by Barry Schwartz

Life is choosing things

そう。人生は選択の連続ですね。

 

 

クリスマス ライブラッシュが終わり、年末へ

皆様、いかがお過ごしですか?

クリスマス、恋人、ご家族、ご友人と過ごされましたか?

私はこんな感じで、佐世保のクリスマスパーティにお呼びいただき、初めてお会いする皆さんと楽しい時間(もはや忘年会)をすごしました!

クリスマスシーズンが終わると、あっという間に年が終わる感じがしますので、私は、昨日マップスマップを博多の友人のうちで見ながら、ライブラッシュを写真で振りかえる。

 

15749467_1581489065199739_2108587510_n

私は、森君が一番すきだったので、

森君が辞めた時から、もう心の中でスマップは解散してましたが、

やっぱりこんなに日本の全ての世代から指示されるアイドルグループないよね。すごいよね。寂しいわやっぱり。。

 

と思いながら12月22日に水戸でごちそうになってしまったうなぎをふりかえる。すいません。ライブの写真がありません笑

美味しかったです!!!

img_2990        img_2998 img_2996 img_2993

 

そして翌日はトライベッカでした♪

img_3010-1

 

そして翌朝早朝便にて、佐世保へゴー!!!

佐世保につきました!ブルーマイルさんでは2回目の出演!

img_304115672883_1199018176845462_1779368341914901400_nimg_3043本番前にどうしてもお会いしたかった音食亭のマスターに合いに行けました!ほんの20分くらいだったかもしれないけど、会って話して、空気を分かち合って、すごーく嬉しかった!愛のある人に会うとこっちも愛を充電できます。

次回は必ずちゃんぽん食べるから!!めっちゃうまいからこれ!

img_3045

 

店内には去年のクリスマスのライブのポスターがそのままはってくれてる♪

img_3044

 

さて、翌日は福岡のMellowのクリスマスパーティでシークレットゲストとしてちょびっとライブ。こちらも本当に暖かい時間で、幸せだったーーー。が、しかし写真がありませんねん!笑

すいません!

やっときたオフ。博多で1日ゆっくりしました。

たまたまツアーで来福してたビオラのえりちゃんと、

大名のHABITで定食も食べたし、そのあとラーメンもたべちった。笑

img_3065

 

 

img_3066

 

 

今回の旅は、短い間でしたが、

本当にこの場を借りてお礼を申し上げたい方々がたくさんおります。

個人名は割愛させていただきますが、

とにかく私はまた九州にきたい!!!「おかえり」といってもらえるのが嬉しい!みんな大好き!

 

呼んでくださった方、迎えてくださった方、本当にありがとう!!!

 

 

このまま年末まで突っ走ります!

 

いろいろ書いた

鎌倉ダフネ

15356527_1544680912213888_618026688360174825_n

 

そして大阪ロイヤルホース

15380767_1544183795598104_4395691918029098019_n

 

この方 坂本愛江さんと

img_2720

 

この愛川聡さん、平岡遊一郎さんの4名で、

img_2760

 

終了しました!(写真はロイヤルホースの皆さん)

img_2761

 

何から綴るべきかわかりませんが

愛川さんと平岡さんのツインギター

そして坂本さんの歌。

もう贅沢すぎて。

そして愛する鎌倉ダフネとロイヤルホースに集まってくれた皆さん。

文字通り本当に「心が暖かく」なりました。

「Country Roads by4人 @ロイヤルホース」

 

坂本さんの歌は、本当に説得力があります。

正直いうと、自分の歌がすごく薄っぺらく聞こえてしまう瞬間が多々あるほど。でも平岡さんと愛川さんのギターと同じように「本物の歌声」と一緒に歌うことは、自分も本物に近づけるような気がします。

 

2日間、4人でライブした後(パーティの演奏のお仕事を含めると3日間、愛江さんと2人で歌うライブが続きました)

その翌日に代々木NARUで、平岡、市川、ピアノの森丘ヒロキライブ。最初の1曲目を歌う前はかなり心細く、、、。でも1曲目でマイクから音が出ないトラブルを経ながら、そんなトラブルを楽しみつつとてもいいライブができたとおもいます。

 

NARUの日は、一人、一人、でいらっしゃってくださったお客様が多く、

ライブが始まって、2曲平岡さんと森丘さんがインストのDuo演奏をしてくださっている時に、ぼーっとビールを飲みながらお客さまと同じ視点ですばらしいお二人の音の会話をきいておりました。途中で私の視線は平岡さんと森丘さんから、お客様一人一人へと映りました。

来てくださった皆さんは、

どんな気持ちで今日きてくださったんだろう

どんな一日を過ごして、一人、もしくは2人でNARUに市川愛のライブを見に行こうと思ってくださったんだろう

とか。ロイヤルホース、ダフネ、ナルにいつもいらしてくださる方のことも改めて考えたりして。

 

ライブ会場でお会いする方々は、「応援してくださる方」「お客様」であり、おこがましくいうと「ファンの方」とお呼びすることも。。。 改めて皆さんの心のどこの場所に私の歌声や私の音楽は触れているのだろうかと思ったりしながら、一曲づつかなり肩の力をぬきつつも、緊張感をもちながら演奏したナルライブでした。

 

自分が表現するものを「誰かが聴きたい」と思ってくれるなんて

奇蹟のようなことで、でも私はそれを続けています。だから、「これは私か?」「この音楽は他の誰でもできない私だけの表現か?」と悩み抜かなければいけないです。「私にしか歌えない」という意味は「カントリーロードは誰でも歌えるじゃん」ということではないです。「私にしか歌えないカントリーロードにできているか」ということです。

 

とかなんとか考えながらも2016年のライブは少しづつ少しづつ限られてきました。是非、いらしてください!次のライブは

12月11日 日曜日 鎌倉美学

Da Lua 忘年会&クリスマスライブ(投げ銭。気軽にのみにきて!)

12月16日金曜日 吉祥寺Strings

森田真奈美Solo Live にゲスト出演

12月22日木曜日 水戸Girl Talk

茨城の皆様にも会える!

12月24日土曜日 佐世保 Blue Mile

九州の皆様にも会える!

 

 

お待ちしてます!!

そして、「私にしか歌えない」を追求するべく

来年から自分のオリジナル曲を披露するライブが

がんがん決まっています。是非今から予定&予約してください!!

 

2017年1月11日

渋谷 Bar Rhodes

おなじみ平岡遊一郎さんと、

そしてSwing-Oさん

そして中園亜美ちゃん

かなり新しいメンバーでライブです!

15267518_1538690182812961_7273233805872314242_n

 

さーらーにーー!1月は、

1月14日ー18日まで

新年 森田真奈美&市川愛Duo Tourをします!

 

 

1月14日( SAT) 関内 KAMOME
Open  18:00   Start 19:00
MC  ¥3500
1月15日 (SUN) 浜松 HERMIT DOLPHIN
Open   17:00   Start  18:00
MC  予約 ¥3000  当日 ¥3500
1月17日 (TUE)    芦屋 Left Alone
Open 17:30    Start 19:30
MC 予約¥3000 当日¥3500
1月18日 (WED)   名古屋 Mr. Kenny’s
Open 18:00   Start 19:30
MC  予約¥3500   当日¥3800
 待ってます♪
_p5u9770

 

 

 

The Xmas Card

 

Facebookで、公開させていただきました

The Xmas CardのMusic Video!

 

素敵な映像クリエイター みかなぎともこ さんが、

とっても時間のかかるクレイアニメで映像を作ってくださいました。

 

何人かの方がシェアもしてくださり、コメントや嬉しい感想など、

感謝感謝。

 

このアルバムは去年、急遽製作した4曲入りのminiアルバムですが、

「あの人どうしているかな」「あの場所にまた行きたいな」

って気持ちを歌詞に書きました。

 

「この気持ちを書きたいんだけど急ぎで曲つくって!」のむちゃぶりに答えてくれたDa Lua秋元勇気氏。

「久しく会ってない人に伝わるアレンジんしたいんです!!」のむちゃぶりに答えてくれた平岡遊一郎氏。

「クリスマスカードみたいなアルバムで、1枚づつ手紙のように皆さんに送りたいの!」というむちゃぶりに本当に素敵な絵を書いてくれた間弓 浩司氏。デザインをしてくれた 大島宏之氏。

「今年は、クリスマスアルバム作れないから、もう一度この曲を思い出してもらうために映像がほしいの!!」のむちゃぶりにこんなに素敵にこたえてくれた みかなぎともこ氏。

 

この方々は全員、

私に「そう簡単にいいもんなんて作れないんだ」って

いろんな事を安易に考えがちな私に教えてくれるクリエイター達。

本当にありがとう!

そして、最後に

この気持ちを作品にしたいんだと思わせてくれた

全国各地での出会いと、応援しつづけてくれる皆様に感謝です。

 

2枚目購入特典!笑

として、というか今年の購入特典として、

動画の中の素敵な2シーンをポストカードにしました。

メッセージを添えて、また1枚づつお送りします。

会場と、オンラインショップ限定の特典です。

是非!!

※ポストカードは2パターンありますが、CD1枚につきどちらか1パターンを私が独断で選び、メッセージを添えてお送りしますので、2パターン欲しい方は是非2枚♪ (アイドル特典方式。。。?!笑)

 

次のライブは、12月4日鎌倉ダフネです!まってまーす!

image1

 

始まります。冬のライブ。

寒くなってきました。

私は、11月風邪をひきました。

 

でも、もう大丈夫です。

 

なので、始まります。冬のライブ。

 

久々の佐世保、初めての水戸、

いつもの名古屋と大阪。

2016年応援してくださって、

足しげく色々な場所に見に来てくださった皆様と

2017年ももっともっと感動できる瞬間を共有できるように

今年最後のライブツアーをします。

 

是非、是非いらしてください!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-11-54-01

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-11-53-09

 

 

そういえば昨日、

浜田真理子さんの授業でお知り合いになった

岡田先生が参加されている国際シンポジウム(Art learning & creativity: Contemporary issues in formal and informal settings)へ、東大にまた行きました。

 

学食で、赤門ラーメン。

image1  image3 image4

 

 

FranceTrip

France Trip の写真今更

アーカイブ。。。

ああまた行きたい。。

 

凱旋門までランニング

img_1445  img_1451

ランニングの最後は、エッフェル塔へ

img_1452 img_1454  img_1461

 

昼間はモンマルトルの丘へいったり。img_1476 img_1478 img_1479 img_1486 img_1487 img_1492 img_1493 img_1494 img_1496 img_1497 img_1500 img_1502

 

食べ物もたまには。

img_1560

 

そしてまた、夕方に凱旋門へ

img_1571 img_1570 img_1568 img_1567

ポンピドゥセンターの、上でミルフィーユ。img_1566

 

好きすぎてまた夜の凱旋門へ

 

img_1577  img_1585 img_1582

美味しかったなあ菊地さんに教えてもらったミラマーっていう中華料理や。

img_1583

そして、いったことのなかったモンサンミッシェル。

パリは実は4回目くらいの旅行でしたが、モンサンミッシェルはフランスにくるたびにいきたかったから、

いけてほんとーによかった。

img_1588    img_1592 img_1595

 

img_1722 img_1721 img_1704 img_1720 img_1716 img_1712  img_1708

バークリー時代のお友達 Vitaにも、卒業ぶり4年ぶりに会えた♪

img_1706 img_1701

 

つづく。。。

「ブログに書かなきゃ、残さなきゃ、ブログ書かなきゃ、まとめなきゃ」

「ブログに書かなきゃ、残さなきゃ、ブログ書かなきゃ、まとめなきゃ」

と思い続けてはや5日。気づいたらハロウィーンも過ぎ、11月になってしまいました。もう師走ですね。

 

かなり文字量の多いブログになるような気がしますので、

私のように文字を読むのが苦手な方は、読まないことをお勧めします。

 

私が「浜田真理子」に人生を変えられたことは

知っていらっしゃる方が多く、この文章を読んでくれているだろうとおもうので、割愛します。

でもこれからもたびたび「浜田真理子」論 については私のブログででてくるとおもいますので

その度に、12年前の情熱大陸で特集されていた「浜田真理子」との出会いが私にとって人生の大きな衝撃となり転機となったことは、手短かに説明をもうけつつ、語りたいとおもっておりますので、どうぞよろしく。(なにを誰によろしく?笑)

 

10月26日 夜

東京大学での講演と、そして代官山でのライブのために東京にいらっしゃった島根県在住のシンガーソングライター浜田真理子さんと、急遽デート。夕飯をご一緒しました。迷える子羊のような私の進路相談のために。笑

真理子さんとの全ての会話の一つ一つが面白かった。

そして幸せだった。やっぱりどう考えても幸せすぎる私の今の環境。

お食事が終わるころにギターの平岡遊一郎さんも合流。

%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%93

 

 

ああ幸せだなあと噛み締めながら帰路につき、

翌日10月27日 朝

東大の岡田猛 先生による「創造性の心理」の授業の中で

浜田真理子さんが講師としてトークセッション/ライブするというので、

朝からカロリーメイトを片手に東大の赤門を通り、張り切って参加。

トークセッションのタイトルは「歌をつくること、うたうこと。本日のハマダマリコ的こころ」

 

このあとからは、もう一度講演の内容を私の脳内を通り過ぎた後の形で書き出しますので、

浜田真理子さんの真意とは違う可能性があることをご了承ください。

 

Q1 歌っているときどんなことを考えていますか?

「心を込めて歌います」とかって言えたらいいんだけど、本当に「歌っている時何を考えているか」という質問に答えるとすると、「次は息継ぎ忘れないようにしなきゃ!とか、音程気をつけなきゃ」とかそんなこと考えています(笑) という真理子さん。

前にも話してもらった事あるけど、この後真理子さんが話題にした「涙ぬき」という言葉。

油揚げとかをお湯に通して油を抜くでしょ?笑 とか冗談を交えながら話してくれた「涙ぬき」という言葉。

悲しい曲も、切ない曲も、泣くほど嬉しい曲も、人の前に出る前に「涙(感情)を抜く」

一人で歌って涙が枯れるほどに、涙が抜けるほどして、から人前にでる。

私はこの概念を言葉にしてくれたことに感動。

 

表現者の生の感情なんて、ステージの上では

要らないんじゃないかとおもう。

 

それくらい、観客と、表現者と、楽曲は別々に存在して、

それを更に上から見る目が、表現者が持つべき大事な視点だとおもう。

そういうことをずーっと考えていたけど、真理子さんのいってくれた「涙ぬき」という言葉は

私にとってイヒ体験(break through、旭化成ってことです)。

 

Q2 質問を忘れた。

岡田先生ごめんなさい、質問内容を忘れました。笑

でも、回答内容は覚えていて、またbreak throughしたのでかきます。

真理子さんが20、30代の頃にやっていた演奏仕事。

島根県松江でのバー弾き語りしごと。

「日本語の歌は意味がわかっちゃって飲んでいるお客さんの会話の邪魔になるから」

という理由で「英語の曲をしっとりと弾き語りする仕事」

「会話の邪魔にならない音楽」=「聴かない歌を歌ってくれ」という仕事である。

 

ああ、ああ、ああ、ああ、

私の中で、この手の仕事を初めてしたのは結構昔かもしれないけど

演奏の仕事に種類があって、この種類の仕事があることを知ったのは

ボストンのバーでのライブ仕事の時。

ギターとサックスと私でスタンダードナンバーを歌ってたけど

誰ヒトリきいていない。でも楽しそうだ。音が消えると、あれ?消えたって感じになる。盛り上がって演奏すると楽しそうに人々は踊る。

そして其の時の経験をもとに、日本に帰ってそういう現場に出会うと、「私が歌ってんのに誰も聴いてないわ」なんて思わないようになった。音楽の大きな役割の一つだから、としっくりきたから。

 

とか、なんとか真理子さんの話をききながら、うんうん。そうそう。とおもう私。

 

そのあと、でも、真理子さんは続けた。

 

「でもね、だから聴いてもらわないための音楽を経験したら、聴いてもらうためにはどうしたらいいか」もわかるようになったのよね。

 

彼女はそういいながら3曲歌った。

いつもの浜田真理子さんの歌だった。

そしていつも通り、空間が真理子さんの声とピアノに集中し、

エネルギーが一つになる。聴かずには居られない歌を歌ってくれた。

 

彼女は更に言った

「自分テレビ」という言葉に私はまたもイヒ体験。

自分の歌う歌が、オリジナルであれ、どなたかのカバー曲であれ

イメージやメッセージは観客と自分は別々でもいい。

要するにみんなそれぞれの「自分テレビ」を見ている。

それが昔の思い出だったり、今のことだったり、他人の話だったり、

色々だとおもうけど。。と。

 

ステージに立つと、人の視線を浴びる。

最近、それがいかに「異常」であり「通常」の状態でないかを改めて感じる。

街を歩いてたって、私は人が振り返るほどの美人ではないし、モデルみたいでもないので

視線は浴びない。普通の人が、視線を浴びることなんて、

恋人に見つめられるか、何か悪いことをして叱られるときくらいだ。

「人の視線」「人の集中力」のエネルギーはすごい。

それが多数になって、自分にあつまり、

そして自分は「歌」というかたちでエネルギーを発信する。

そんなエネルギー集合体である「ライブ会場」で

私達は自分テレビを見始めるわけである。

 

表現者が発信するものをきっかけに、自分テレビを見る。

そのテレビの内容は、其の時の一人一人の状況によって変わる。

だからこそ、さらにそれは冒頭でふれた「涙ぬき」につながってくるとおもう。

要するに表現者の生の感情なんてそがれた「それ」を

どんな環境の人だって自由にその自分テレビに投影できるような生の「それ」を

発信することって、すごく難しいけどすごい本質的に重要なことなんじゃないかって。

 

意味わかります?

わたし、ちょっとわかんなくなってきました。笑

 

いや、でもさ。でも。

 

その翌日10月28日に晴れ豆で浜田真理子さんのライブを見て、改めて

私の疑問が全て解決されるようなそんなすばらしい空間でした。

 

 

かなり質の濃いインプットがありすぎて

もう私はかなり飽和状態。

 

そして、27日、31日と

2日間平岡遊一郎さんのギターを聴いて、

また涙を流す。私は彼のギターを聴くと、どんなに疑問だらけの私でも、

自分の今迄を全て肯定された気分になって、安心するんだ。

 

 

真理子さんが東大の授業で歌ってくれた一曲。

 

coolest guy ever

じゃーん!鎌じゃずの舞台裏にて、うっかり2人きりになってしまって、何を話せば良いかわからず、思い切って御願いしてしまった!

宇崎竜童さんと2ショット!

img_1943

 

やばいやばい。かっこいい♪

フェス三昧からの、リハーサルやらなんやら

たくさんありすぎて、何も振り返れません。

でも、一つ言えることは、

全ての場所でお会いしたたくさんの方々に感謝!

文章にするには色々遅すぎるので、

あとで写真で振り返ります!!

でも結局後で。笑

とりいそぎのりゅーどーさん写真!

マジでかっこ良かった。

歳とってどんどんかっこ良くなるみたいな女性になりたいなあ

というわけで最近毎日プチ筋トレしてます!

今、サックスの中園亜美ちゃんのお家でメイクレッスンを受けました。

ブログとか、どうやって頻繁に更新するわけーーー?みたいな話をしてました。

ブログの頻度アップ、かなり頑張りたいんですけど

できないんですよね。すいません。

でもするときはするので、これからもおつきあいください

皆さん風邪がはやってます!!体に気をつけて!

アディオス!

 

夢か旅かまことか。

フランス旅から帰り翌日から

プチツアーがあり、

その後福島ライブ

フェスライブが2日連続であり

私は、夢の中に生きているのか

旅の中にいるのか、それとも現実に生きているのか

全くわからない日々が続き

現在絶賛眠れません症候群中。

 

ライブがたくさんあって嬉しい

でもライブはエネルギーを放出する。

かなり現在抜け殻状態だ。

食べ終わったヨーグルトの容器さえ捨てられないで枕元においている。朝になったらどうなるかが怖い。

 

でも、ライブの瞬間はたまらなく幸せだ。

どこの地方にいっても必ず応援してくれる皆さんが

喜んでくれる。自分の表現が人に伝わることを実感する。

 

今日は、Berklee時代の友人 今は作曲家として活躍しまくっているEvan Callとお茶をして、あれやこれやと昔話をした。

 

自分がどの時間軸に生きているのか

人は時にわからなくなるときがある

 

 

「暗くなった青に、僕は誘われ

光りだした白が、僕を見つける」

 

明日は鎌倉じゃずフェスで、

Da Luaの「青と青」を久し振りに3人で演奏しようということに。

 

 

「触れてたいだけ、見つめたいだけ

日が昇る空と、明日の歌、歌う鳥達を」

 

写真は、フランス,パリの町でのジョギング中の朝焼け。

image1

 

 

今夜は、真奈美と

今夜は、真奈美とリハーサルをして、

パーティの仕事をしてきました。

 

 

真奈美に、髪の毛セットしてもらった。

こーやって髪の毛巻くんだねー。

かなり女子力の低い私達ですが、

それはそれでそれなりに女子力をたかめようと控え室でおめかし。

image1_1 image2_1

 

 

どさくさにまぎれていただいたフルコース。

めっちゃうまかったね。image1image2 image3 image5

 

 

さ、皆さん。始まりますよ。

私達の超ミニツアー。皆勤賞もお待ちしております。笑

いよいよ今週土曜日から!新曲あり!本当に一度も見てない人は、

こないとだめ!!!

 

*9/10(土) 関内 KAMOME
Open 18:00 Start 19:00 (2 Stages 入替無)
前売り¥3000 /当日¥3500
関内 KAMOME Tel 045-662-5357
http://www.yokohama-kamome.com/index.html

*9/16 (金) 名古屋 Mr.kenny’s
Open 18:00 Start 19:30 (2 Stages 入替無)
前売り¥3500 /当日¥3800
Mr.Kenny’s Tel:052-881-1555
http://www.mrkennys.com/

*9/22 (木・祝) 吉祥寺Strings
Open17:30   Start 18:30 (2 Stages 入替無)
MC : ¥3100
Strings Tel : 0422-28-5035
http://www.jazz-strings.com/index.htm

*その他フェス出演情報
9/18 (日) 水戸 SUPER DREAM LAKE CONCERT 2016
“森田真奈美Trio with 市川愛”
10/9 (日)六本木 Arkhills Jazz Festival
”市川愛 × 平岡遊一郎 × 森田真奈美